男性も思わずのけぞる「軽すぎる女」9パターン


クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』では、「思わず絶句した女友達の浅すぎる行動、人生観」というテーマのもと、女性の視点から「薄っぺらい女エピソード」を紹介しています。同性だけではなく、異性からも「軽い女」と軽蔑されないために、男性はどういう女性を軽いと判断するのかも併せて知りたいところです。そこで今回は、男性の生の声を参考に「男性も思わずのけぞる『軽すぎる女』」をご紹介します。

  • 【1】「今は遊びたいから彼氏はいらない」と公言する女性

    「つまりは何人もの男性と関係を築いているわけで…」(20代男性)というように、フリーを望んでいるような発言は、男遊びに夢中になっていると思われてしまうようです。仮に、「女友達とすごす時間を大切にしたいから」という意味で「遊びたいから」と言ったとしても誤解される恐れがあるので注意しましょう。

  • 【2】元彼の影響で入れたらしきタトゥーをしている女性

    「若気の至りとはいえ…」(30代男性)というように、簡単に消せないタトゥーは、いっときの感情に流されて、後先考えずに行動してしまう軽率な女性に見えるようです。もしもタトゥーがあるなら、男性が理解を示してくれる人だと分かるまで、衣類で隠しておいたほうがいいかもしれません。

  • 【3】合コンなどで初対面の相手にも自分からスキンシップをする女性

    「普通、少しはためらうと思うんだけど」(20代男性)というように、ベタベタしてくる女性に内心ドン引きの男性もいます。初対面の相手には、腕や肩に軽く触れるくらいのスキンシップにとどめましょう。

  • 【4】合コンでは「お持ち帰り」されないと気が済まない女性

    「『帰りたくない』とか『さみしい』とか演技でしょ」(20代男性)というように、出会ったばかりの男性を自分から誘う行為は、欲求不満の解消が目的の確信犯に感じる男性もいます。一夜をともにすることで一時的にさみしさが紛れるかもしれませんが、身持ちを固くしたほうが、男性に長く大切にされそうです。

  • 【5】終電が迫っても、全然あわてない女性

    「ノリがよくても、朝帰りに慣れてるのはちょっと…」(20代男性)というように、夜遊びへの抵抗のなさに引いてしまうという男性も。夜通し遊ぶ気満々でも、終電を気にするそぶりくらいは見せたほうがいいかもしれません。

  • 【6】自分からソッコーで男性と連絡先を交換しようとする女性

    「がっついている感じ」(20代男性)というように、まだろくに話さないうちから男性にメアドなどを聞くのは、「誰でもいいから仲良くなりたい」という必死さが伝わってしまうようです。男性から連絡先を聞いてくれる可能性もあるので、ギリギリまで待ってから尋ねてはいかがでしょうか。

  • 【7】男性が使った後の食器を気にせずに使おうとする女性

    「男にだらしないイメージがわく」(10代男性)というように、男性が使ったナイフなどを平気で使う女性も節操なく見えてしまうようです。少々面倒でも自分のものを使うか、店員さんに新しい食器を持ってきてもらいましょう。

  • 【8】ちょっとでも嫌なことがあると仕事を変える女性

    「人生をナメてるよね」(30代男性)というように、自分本位で真剣さの感じられない生き方にイラッとする男性も。転職の回数が多い人は、あまり口外しないほうが「軽い女」というレッテルを貼られずにすみそうです。

  • 【9】男性の稼ぎだのみで、自分の力で生きていくつもりが微塵もない女性

    「一度きりの人生、それでいいの?」(20代男性)というように、他力本願な考え方が、「薄っぺらい女」というイメージを抱かせてしまうようです。自分の人生と真剣に向き合っている女性のほうが男性の目にも魅力的に映るのかもしれません。

「男性も思わずのけぞる『軽すぎる女』」には、ほかにどんなタイプがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock