男性が「これだけは好きにやらせて!」と思っている生活習慣9パターン


「もっと私との時間を作って」と彼女から行動を制限されることに、ストレスを感じる男性は多いようです。では、男性はどんなことに対して「恋人の理解がない」と嘆いているのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性が『これだけは好きにやらせて!』と思っている生活習慣」をご紹介します。

  • 【1】1日でも休むと気持ちが悪い、毎日続けている筋トレ

    「マジで不安になる」(20代男性)など、筋トレが生活リズムを生んでいるという男性もいるようです。熱心に筋トレに励む男性に対する「いつでもできるでしょ」「ちょっと休んでも問題ないよ」という発言は、無理解としか思われないので注意が必要でしょう。

  • 【2】気分転換としてのパチンコや競馬

    「大ケガしない程度の遊び方なら許してほしい」(30代男性)など、ギャンブルを「あくまで娯楽」として楽しんでいる男性は多いようです。ギャンブルに免疫がなくてなじめない人は、一緒に出かけてレクチャーしてもらえば、楽しむ人の気持ちも理解できるかもしれません。

  • 【3】リラックスのためのたばこやお酒

    「ストレス解消ができなくなる」(20代男性)など、精神衛生上、お酒やたばこが手放せないという男性は多いようです。量を控えてほしいときは「体が心配だから」と、健康を気遣っているからこその発言だときちんと伝えることが大切でしょう。

  • 【4】自分へのご褒美としてのサウナやマッサージ

    「リセットしないとやってられない」(30代男性)など、仕事をがんばっている男性ほど体の疲れを癒す時間を必要としているようです。彼氏からこの時間を奪うには、本格的なマッサージ技術などを身につけるしかなさそうです。

  • 【5】家でのんびりするためのラクな部屋着

    「いつものジャージじゃなきゃ落ち着かない」(20代男性)など、パッと見が冴えない格好でも、本人は強いこだわりを持っていることもあるようです。「もっとオシャレなの買ってあげるよ」といった何気ない一言が相手を悩ませることもあるので注意しましょう。

  • 【6】女性に理解されなくても好きなものは好きな鉄道やアニメの趣味

    「趣味を捨てたら自分じゃなくなる」(30代男性)など、マニアックな趣味ほど男性の思い入れは強いようです。「どれでも同じじゃない?」といった投げやりな言葉は、男性のかたくなな態度をより固くしてしまうかもしれません。

  • 【7】趣味になりつつあるラーメン屋通い

    「いろんな店を巡る味比べが醍醐味」(20代男性)など、ラーメン屋へ行くことが、ただの食事ではなくなっている男性もいるようです。「イチオシのお店に連れて行って」などと頼み、うるさいウンチクに対して興味深そうに耳を傾けてあげれば喜ばれるのではないでしょうか。

  • 【8】至福を感じる、食後に味わう一杯のコーヒー

    「これがないとシマらない」(30代男性)など、コーヒーを飲む時間も含めて食事を味わうという男性もいるようです。この手のこだわり派の男性は、「いつまで飲んでんの?」と急かされることに最もストレスを感じるので注意しましょう。

  • 【9】電話やメールに応対せずに過ごす一人の時間

    「ちょっとしたゆとりの時間がないとギスギスしちゃう」(20代男性)など、一人の時間があるから、人に対して大らかになれるという男性もいるようです。恋人との関係を良好に保つヒケツは、二人で過ごす時間をたくさん設けるだけとは限らないのかもしれません。

ほかにも「男性が『これだけは好きにやらせて!』と思っている生活習慣」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock