「今なら別れを回避できるのに…」と悔やまれる、若き日の痛い行動9パターン


交際中、彼氏に対しての行きすぎた行動が原因で、別れてしまった経験がある女性は多いようです。では「なぜ彼にあんなことをしてしまったのか」と今になって反省するのはどのような行動なのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に「『今なら別れを回避できるのに…』と悔やまれる、若き日の痛い行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】彼氏の行動を心配しすぎて「束縛しまくり女」だった

    「窮屈だっただろうな」(20代女性)など、彼の行動を逐一疑って、制限をかけてしまったことを反省するようです。不安でいる自分も、疑われる相手もお互いが苦しむような結果にならないように、信頼関係を築くことが大切でしょう。

  • 【2】好かれたいあまり、自分を出せずに「つねに猫かぶり女」だった

    「私がどういう人か彼も分からないままだったと思う」(20代女性)など、本来の自分の姿で振舞えば楽しく付き合えたのかも、と後悔するケースです。「自然な姿が嫌われるならそれまでだ!」と思い切って接したほうが無理なく関係が長続きするかもしれません。

  • 【3】遠距離恋愛に耐えられない「こらえ性なし女」だった

    「相手の気持ちを考えずに責め続けていた」(20代女性)など、一方的に会えない寂しさを彼にぶつけたことを悔やむ女性もいます。「彼も頑張っているんだから私も」と、次に会うとき成長した自分を見せることを目標にすれば、遠距離の励みになるかもしれません。

  • 【4】相手の予定を考えずに連絡しまくっていた「重い女」だった

    「一日に何回もメールしたり…」(10代女性)など、つねに彼の愛情を確認していたいがゆえの行為が男性にとっては重荷になったケースです。「好きすぎて心配」などと素直に伝えるほうが、彼氏も「不安にさせまい」と連絡を頻繁にくれるかもしれません。

  • 【5】照れ隠しで素直になれず、「ツンデレならぬツンツン女」だった

    「誤解されたままだろうな」(30代女性)など、彼氏に好きな気持ちをきちんと伝えられず、不器用だった自分を悔いる女性は多いようです。照れて本心を言えない場合は「○曜日は素直になる日」などと決めて習慣にしてしまうのも手かもしれません。

  • 【6】結婚願望がなくて彼の気持ちに本気で応えられない「不誠実女」だった

    「彼の若くて貴重な何年かを無駄にしてしまった…」(20代女性)など、「結婚したい」という彼氏の想いをむげにしたことが後悔につながるようです。いい加減な気持ちで付き合うと、相手を深く傷つけることもあると心得ておきたいところです。

  • 【7】なんでもかんでも彼氏に頼る「依存しすぎ女」だった

    「なぜあれほど彼なしでは不安だったのか…」(10代女性)など、彼氏に甘えてどこで何をするにも「彼氏と一緒状態」に嫌気が差し、彼氏が去ってしまったパターンです。お付き合いする際は、日常生活を乱すほどの無理強いをしない、適度な自立心を持つ事が大切でしょう。

  • 【8】理想が高く彼氏への注文が多すぎる「夢見がち女」だった

    「完璧な人はいないことがわかった」(30代女性)など、彼氏に対する不満が小さい問題だったと後になって気づいたケースです。相手にとっても「自分は完璧じゃない」ことを忘れずに、ときには嫌な事を許す姿勢も、うまく関係を続けていくためには必要かもしれません。

  • 【9】一人の男性に留まりたくない「浮気症女」だった

    「自分も浮気されて初めてひどかったと実感した」(20代女性)など、恋人を裏切った過去を猛反省する女性もいるようです。多くの男性に好かれたいモードのときは、相手を傷つけないように特定の彼氏を作らないスタンスをとることをお勧めします。

ほかにも「『今なら別れを回避できるのに…』と悔やまれる、若き日の痛い行動」はありますでしょうか。みなさまの意見をお待ちしています。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock