「彼女ができない男友達」の上手な慰め方9パターン


本人には特に問題がないのに、なかなか彼女ができない男性がいるものです。いい女友達として、そんな男性にはどのように声をかけてあげればいいのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『彼女ができない男友達』の上手な慰め方」をご紹介します。

  • 【1】「彼女ができるまでいっぱい遊ぼうよ」

    「彼女ができないことを悩んでるときほど、こんなこと言われたら気が楽になりそう」(20代男性)など、彼女がいないことを前向きに捉えられるような発言をしてあげると、男性の心の負担を軽くすることができそうです。ただし、言うほど遊びに付き合ってあげないとガッカリされてしまうので、口だけにならないよう気をつけましょう。

  • 【2】「まわりの女子は見る目がないね」

    「そのとおり(笑)。自分の味方になってほしい」(20代男性)など、男性と一緒になって「彼女ができないのは環境のせい!」と言ってあげると、味方が増えたようで喜ぶ男性もいるようです。とはいえ、言い過ぎると男性が努力しなくなる可能性もあるので、あおるのはほどほどにしたほうがいいでしょう。

  • 【3】「かわいい子いるから紹介しようか」

    「実際手助けしてくれるのが何より嬉しい」(20代男性)など、男性に彼女ができるよう具体的な働きかけをしてあげると、感謝されることも多いようです。ただし、勝手に話を進めると戸惑う男性もいるので、まずは一度打診するようにしましょう。

  • 【4】「私がフリーだったら絶対付き合うのにな」

    「ウソでもそう言ってくれると気分がいい」(20代男性)など、実際付き合うことはなくても、女友達からの思わせぶりな発言に癒される男性もいるようです。ただし、それを告白と勘違いする男性もいるので、慎重に発言したほうがいいでしょう。

  • 【5】「『いい人』になりすぎてるんじゃない?」

    「本気のダメ出しはキツイけど、これくらいならむしろ嬉しいかも」(20代男性)など、女性からの恋愛アドバイスをありがたく受け止めるケースです。心が弱っている時期なので、たとえ彼のためだと思っても、傷付く可能性のある「男友達への非難」系ダメ出しは控えたほうが無難でしょう。

  • 【6】「○○くんのこといいって言う人たくさんいるよ」

    「『オレにもチャンスはある』と思えそう」(20代男性)など、まわりの好意的な意見を伝えることで、男性を勇気づける作戦です。ただし「誰が言ってた?」と聞かれたとき口ごもるとぬか喜びしたことでさらに落胆する可能性があるので、気休めで嘘をつくのはやめましょう。

  • 【7】「カッコイイから高嶺の花になってるんじゃない?」

    「自分に自信が持てるようなことを言ってもらえると、恋に前向きになれる」(20代男性)など、アドバイスの中にさりげなく褒め言葉を挟み込むことで、男性が自信を取り戻すこともあるようです。とはいえ、あまりに実感のわかない褒め言葉だと上滑りしてしまうので、その男性に合った褒め言葉でアレンジしましょう。

  • 【8】「相談ならいつでも乗るからね!」

    「一人じゃないんだって思えて心強い」(20代男性)など、相談相手を買って出ると、それだけで安心する男性もいるようです。あまり頻繁に相談されるようなら別ですが、そうでなければ急な呼び出しや深夜の長電話も嫌な顔をせず付き合ってあげましょう。

  • 【9】「私は○○くんのいいところわかってるよ」

    「やっぱり、持つべきものは友だね!」(20代男性)など、女友達の心優しい発言を頼もしく感じる男性もいるようです。「優しい」「話題が豊富」など、長所の具体例を出してあげると、さらに強く勇気づけることができるのではないでしょうか。

ほかにも「彼女ができない男友達はこう慰めるといい」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock