「女の子が口にすると萎えるな…」と男性を残念な気持ちにさせるフレーズ9パターン


フランクに話したつもりが、女の子らしさを好む男性にガッカリされてしまうケースもあるようです。では、特に男性受けが悪いのはどんな言葉遣いなのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『女の子が口にすると萎えるな…』と男性を残念な気持ちにさせるフレーズ」をご紹介します。

  • 【1】「腹減ったー、メシ食おう」とご飯に誘う

    「食事の気分が盛り下がる」(20代男性)など、「メシ」といったセリフは食事にムードを求める男性には不評なようです。デートの基本と言える食事に関しては、カジュアルなお店に行くときであっても言葉遣いと最低限のマナーに気をつけたいところです。

  • 【2】人のことを「お前」と呼ぶ

    「相当打ち解けた間柄にならない限りムリ」(20代男性)など、「お前」呼ばわりを失礼だと考える男性も多いようです。男性をドキッとさせることも期待できるので、積極的に名前で呼びかけたほうがいいでしょう。

  • 【3】なんでも「○○じゃね?」と雑に投げかけてくる

    「小バカにされた気分になる」(10代男性)など、男性に共感を求めたつもりでも、実際は気分を害してしまうこともあるようです。男言葉を用いたからといって、男性っぽい友情が育まれるわけではないと考えたほうがよさそうです。

  • 【4】気に食わない人について「死ねばいいのに」とつぶやく

    「なんか、重いっす」(10代男性)など、ギャグのつもりで言ったとしても笑えないという男性は多いようです。職場のイヤな上司に対する不満などは具体的なエピソードと結びつけて話せば、話し相手の男性も共感してくれるのではないでしょうか。

  • 【5】ちょっとでもイヤなことがあると「チッ!」と舌打ちする

    「裏の顔を見たようで震え上がりました」(20代男性)など、女性の舌打ちに心の奥のドロドロしたものを感じる男性もいるようです。イヤなことがあったら、「また仕事のメールだー」などとストレートに口にしたほうが印象はよさそうです。

  • 【6】「てめえ、キモいんだよ」と人を罵倒する

    「なんかホントがっかりする…」(20代男性)など、口汚く人をののしる女性の姿にショックを受けてしまう男性もいるようです。冗談でも「キモい」と言われると傷つく男性もいるので、基本的にNGワードだと思っておいたほうがいいかもしれません。

  • 【7】ささいなことでもすぐに「やべぇ!」と騒ぐ

    「自分でもよく使うけど、女の子から聞くと途端に萎える」(10代男性)など、男性にとって耳なじみがあるからといって、女性が口にしても親しみを覚えるわけではないようです。「ヤバい!」と言い換えるだけでも、ソフトに受け入れてもらえそうです。

  • 【8】「トイレ長くね? ウンコ?」と平気で下ネタを口にする

    「どうにも笑えないので」(20代男性)など、女性からはあまり下ネタを聞きたくないという男性もいるようです。ただし、直接的なキーワードを避ければ男性もそれほど残念には感じないのかもしれません。

  • 【9】車の中から「早く歩けよ、ババァ」と悪態をつく

    「一瞬で冷めました」(30代男性)など、他人に対する思いやりの感じられない言葉は、男性を相当がっかりさせてしまうようです。ストレートに文句を言うのではなく「あのおばさんスゴいね…」と軽く共感を求めるだけでもだいぶ印象が良くなるのではないでしょうか。

ほかにも「『女の子が口にすると萎えるな…』と男性を残念な気持ちにさせるフレーズ」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock