男性に案内された店の食事が、とんでもなくマズかったときのリアクション9パターン


好きな男性が通っている店の食事がどうしても口に合わないこともあると思います。できれば、お店や男性の味覚を否定せずに、自分好みでないことを伝えたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者の声を参考に、「男性に案内された店の食事が、とんでもなくマズかったときのリアクション」を考えてみました。

  • 【1】「ハマる人はハマる味だねー」とそれとなく自分好みでないとアピールする

    「私はハマらない人だけどね…」(20代女性)というように、味を全否定せずに「好きな人もいる」と言えば、男性は気分を悪くしないでしょう。「私はちょっと苦手だけど」と申し訳なさそうに付け加えれば、一緒のときはその店をさけてくれそうです。

  • 【2】「この料理、○○君好きそー!」と男性向けの料理であることを強調する

    「好みの違いを強調」(30代女性)というように、暗に女性好みの味ではないと伝えるのもいいかもしれません。「男の人のほうが喜ぶかもね」などと言えば、次からは別の人と行ってくれるでしょう。

  • 【3】「ゴメンね。私○○系の料理苦手なの」と料理のジャンルが合わないと伝える

    「お店や料理を悪く言ってないし」(20代女性)というように、どの店であろうと苦手なジャンルだと言えば、男性の理解を得られそうです。ただし、本当は嫌いでない場合、デート中に食べる機会を失ってしまうかもしれません。

  • 【4】「月一くらいのペースで食べたくなる味だよね」と次に店に行くまでの間隔を作る

    「しばらく食べずにすむので…」(20代女性)というように、ひんぱんに食べたくなる料理ではないと伝えれば、すぐに案内されることはなくなるでしょう。デートのたびに「すごくおいしいもつ鍋屋見つけたの」などと違う店を提案しつづければ、その店から足が遠のきそうです。

  • 【5】「私、この雰囲気ちょっとダメ」などとお店の空気が苦手だと伝える

    「『もっと静かなところがいいな…』などと言っておけば大丈夫」(20代女性)というように、お店のノリが合わないと言うパターンです。ただし、あまりにお店が汚かったり、騒がしかったりする場合でないと「店選びにうるさい女」と誤解される恐れがあります。

  • 【6】「今度はほかのオススメ店にも行きたいな」と違う店に案内させる

    「『あなたのことがもっと知りたい』ってプラスに考えてくれそう(笑)」(30代女性)というように、ほかの店に行きたいと伝えて苦手な食事を避ける作戦です。ただし、食事中に言うと男性に失礼なので、「ごちそうさま」と言ってからにしましょう。

  • 【7】「おいしいけど、ダイエットの天敵だね!」と食事制限中をアピールする

    「実際、高カロリーだったし」(20代女性)というように、ダイエットを口実にすれば、男性も次から気遣ってくれるでしょう。ただし、ヘルシー食ばかりでは男性が物足りないかもしれないので、ときどきはガッツリ系にも付き合ってあげたほうがよさそうです。

  • 【8】「こればっかり食べてたら病気になるよ?」と男性の食生活を気遣う

    「実際、濃い味のものばかりで心配」(30代女性)というように、健康によくない食事だった場合は、男性の体を気遣ってあげるといいでしょう。「次はカラダにいいお店紹介するから」と提案すると、自然と次の約束もでき、より喜ばれるかもしれません。

  • 【9】「今度は私の好みの店に連れていくね!」と違う店に誘う

    「自分で男性を変えないとダメ」(30代女性)というように、自分のオススメの店を提案すれば、自分の好きな食事を男性と楽しめそうです。ただし、苦手なものは事前に聞くなど、男性の好みも尊重してお店選びをするといいでしょう。

「男性に案内された店の食事が、とんでもなくマズかったときのリアクション」には、ほかにどんなものが考えられますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock