「私も見習いたい!」と感じた女友達の恋愛行動9パターン


なかなか恋がつかめない、付き合ってもうまくいかない…そんなときは、幸せな恋愛をしている人の行動に着目し、参考にしてみるといいかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに「『私も見習いたい!』と感じた女友達の恋愛行動」について教えていただきました。

  • 【1】好みではない男性の前でも笑顔を絶やさない

    「彼女には男友達が増え、出会いも増えていく」(20代女性)というように、男性に対する愛想のよさが自分にもあれば…と考えている人は少なくありません。笑顔をつくるのが苦手な人でも、どんな男性にも公平に接するように心がければ、同じように男性陣から好印象を得られそうです。

  • 【2】大した用事がないときもオシャレをして外出する

    「油断は禁物、どこでどんな出会いがあるかわからないもん」(30代女性)というように、いつあるかわからない出会いに備え、常に最高の自分でいようとする姿勢を尊敬している人も。「人に会う約束もしてないし」などと手抜きせず、男性の視線を意識して準備するといいかもしれません。

  • 【3】時間が空いたらすぐに男性にメールするなどの積極的な行動

    「待ってるだけじゃダメだよね」(10代女性)というように、女友達の男性に対する攻めの姿勢を見習いたいという人もいます。ただし、男性に煙たがられないよう、「今連絡しても迷惑じゃないかな?」などと、相手の都合も考えてアプローチしたいところです。

  • 【4】どんなイケメンに対しても駆け引きをしかける

    「勝気なところが男に刺さるんだよ」(20代女性)というように、男前相手にもひるまないところが、女友達の魅力をより高めていると分析する人もいます。「嫌われてもいい」くらい強気なほうが、チヤホヤされることになれている男性を落とせるのかもしれません。

  • 【5】見た目で男性を判断せずに、内面までキチンと見る

    「一人と長く付き合ってるし幸せそう。見る目がある」(20代女性)というように、男性のなかみを重視して恋人選びをするから、実りの多いお付き合いができるのではと分析する人もいます。見た目が好みじゃないからと「食わず嫌い」をせず、会話を通じて内面をのぞく努力も必要でしょう。

  • 【6】彼氏に会うたびに手料理を振る舞っている

    「将来を考えられる相手に見えるよね」(20代女性)というように、友達のように結婚後の生活をイメージさせられる特技がほしいという人もいます。自信を持って振る舞えるよう、苦手な人は料理を勉強するといいでしょう。いつはじめても遅くはありません。

  • 【7】好きな人ができたら、すぐに想いを伝える

    「私にも告白する勇気があれば…。人生違ったかも」(20代女性)というように、好きな男性に堂々と想いを伝える姿を見て、消極的なわが身を振り返るという人もいます。フラれることばかり考えずに、付き合ってからの幸せをイメージすれば告白する勇気が湧いてくるでしょう。

  • 【8】一度フラれてもあきらめず、しつこくない程度にアプローチを続ける

    「あきらめなければ、なんとかなるのかも」(10代女性)というように、二度三度とトライして本命男子をオトした友達の姿勢に感激した人も少なくありません。ただし、やみくもにリベンジしてもうまくいかないので、チャンスを見極めて告白したほうがいいでしょう。

  • 【9】恋愛が最優先ではなく、自分の時間や夢も大切にしている

    「自分を大切にしてるし、彼氏に振り回されていない感じがカッコいい」(20代女性)というように、恋愛もプライベートも充実させている友達に憧れる人も。たしかに、仕事での目標や趣味も大切にすれば、男性との付き合いにメリハリが生まれ、いい意味での緊張感を保ちやすくなりそうです。

「『私も見習いたい!』と感じた女友達の恋愛行動」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock