男性にがっつきすぎて魅力を半減させてしまっている女性9パターン


恋愛に積極的なのはいいですが、度がすぎると自分を安売りしているようなもの。わざわざ自分の価値を下げるような行動はさけたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「男性にがっつきすぎて魅力を半減させてしまっている女性」の特徴を教えていただきました。

  • 【1】男性が連絡先を聞いてくるのを待ち切れず、自分から聞いてしまう

    「待っていれば、聞いてもらえるかもしれないのに…」(20代女性)というように、自分からメルアドや携帯番号を聞くことで、男性に「軽い女」と思われている可能性があります。ただし、合コンなどで連絡先交換タイムを提案し、みんなで交換するのであれば、がっついている印象を男性に与えずにすみそうです。

  • 【2】自分の時間を犠牲にして合コンを入れまくっている

    「男しか頭にないのがバレちゃうよ」(20代女性)というように、頻繁に合コンをしていると「男性のことで頭が一杯で、人として深みがない女性」だと思われてしまうようです。仕事や習い事、自分磨きなど、合コン以外で夢中になれることを探すといいかもしれません。

  • 【3】ほかの女性の悪口を言って、恋のライバルを蹴落とそうとする

    「かわいいのにもったいない」(30代女性)というように、卑怯な手をつかって男性の気を引こうとする姿が醜く見えるのかもしれません。また、誰の悪口であったとしても、聞かされるほうは気分が悪いものなので、男性の前ではとくに控えましょう。

  • 【4】気になる男性と話している女性にガンを飛ばす

    「こわー(笑)。嫉妬深すぎるでしょ」(10代女性)というように、心の狭さが見えて、魅力が半減してしまうようです。怖い顔で睨みつけるよりも、余裕の笑みを浮かべるくらいのほうが男性の気を引けそうです。

  • 【5】ヨリを戻したくて、元彼にしつこくメール、電話責めをする

    「もう諦めてほかを当たりなよ…」(30代女性)というように、過去の恋への執着が強すぎる女性は、同性だけでなく男性から見ても未練タラタラでみっともないようです。想いを断ち切るために、写真を捨てる、メルアドを消去するなど元彼を視界から消す工夫をしてはいかがでしょうか。

  • 【6】男性を前にすると声のトーンが1オクターブあがる

    「30代のアニメ声は痛い」(30代女性)というように、甲高い声が本人に合わないため、気に障るキャラになっている可能性もあります。声のトーンをあげるよりむしろ、適度に相槌を打って男性から会話を引き出すよう意識するほうがよさそうです。

  • 【7】「目には自信あるんだけどぉ」などと聞いてもいないのに外見自慢をする

    「もっと謙虚にしたらいいのに」(20代女性)というように、かわいいけれど自信過剰なところが残念な女性もいます。チャームポイントを聞かれたとき、「人には目だって言われるかな…」と控えめに答えるくらいのほうが好感を得られるでしょう。

  • 【8】「ボーナスは何に使ったの?」など収入を探ろうとお金の話題を振る

    「魂胆がみえみえだよ…」(30代女性)というように、男性の経済力を推し量ろうとしすぎて、「金になびく女」というイメージを周囲に持たせてしまっているのでしょう。収入に関しては、男性の持ち物や発言である程度推測するに留めたほうがいいのかもしれません。

  • 【9】その場を盛り上げようとして失敗し、周りがドン引きする下ネタ話をしてしまう

    「イメージが崩れちゃってるから」(20代女性)というように、合コンなどの場で、ウケ狙いで言った下品なネタがスベリ、白い目で見られてしまう女性もいるようです。場の空気が微妙だからと下ネタに走ると、さらに盛り下がる確率が高いもの。焦らず普段の自分を貫きましょう。

「男性にがっつきすぎて魅力を半減させてしまっている女性」には、ほかにどんなタイプがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock