これだから女は…!面倒臭がられてしまうワガママ9パターン


彼女の希望をかなえてあげたいと思っている男性でも、その内容によっては気分が萎えてしまうこともあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『これだから女は…!』と男性が面倒臭く感じる彼女のワガママ」をご紹介します。

  • 【1】「なんでもいい」と言うわりに、どんな提案にも素直に納得しない

    「こっちもどうでもよくなっちゃう」(20代男性)など、デートの行き先や食事する店を彼氏に任せておきながら文句を言うと、男性もやる気をなくしてしまうようです。「のんびりしたい」など、たとえぼんやりしたものでもそのときの気分を伝えてみたほうが、男性に納得してもらいやすいのかもしれません。

  • 【2】「ごちそうしてー」「これ買ってー」とすぐにねだる

    「俺はサイフか?」(20代男性)など、なんでも買ってもらおうとすることで、二人の関係性に疑問を持ってしまう男性もいるようです。気軽に買えるものは自分で支払うからこそ、ちょっと手が出ないものを彼女が欲しがったときに、男性が買ってあげたいと思えるのではないでしょうか。

  • 【3】「頑張ってるのに、誰も褒めてくれない!」と努力への評価を求めてくる

    「頑張ってるのは自分だけ?」(30代男性)など、努力しているかどうかに関係なく、一方的に認められようとする厚かましさが問題になるようです。普段から周囲に気を配っている人ほど、自然と他人が評価してくれるのかもしれません。

  • 【4】相手に予定があるのを承知でデートに行きたいと騒ぐ

    「逃げ出したくなる」(20代男性)など、一緒にいたいがためのワガママが、逆に彼氏の心を遠ざけてしまうこともあるようです。会えないのを我慢しつつ「さみしい」という気持ちを伝えれば、忙しい彼氏も穴埋めしようと思ってくれそうです。

  • 【5】「男性が持つのが当然」という態度でバッグを預けてくる

    「ちょっと感じ悪いっすね」(10代男性)など、「男なんだから」という勝手な価値観を押しつけられることに違和感を覚える男性もいるようです。同じ行為でもきちんとお願いしたり、感謝を伝えたりするだけで、男性が受け取る印象も変わるでしょう。

  • 【6】「今すぐ会いたい」とこっちの都合を無視して急に呼び出す

    「一応行くけどさぁ…」(10代男性)と、彼女のために無理をしながらも、内心うんざりしているという男性は多いようです。愛が証明されるどころか、愛をすり減らしてしまうこともあるので、相手を試すような行動は控えたほうがいいでしょう。

  • 【7】「言わなくてもわかってよ」と常に気持ちを察するようにせまる

    「正解がわからなすぎて疲れました」(20代男性)など、マジメな男性ほど女性に振り回されていると感じてしまうようです。何も言わずにヘソを曲げるよりも、「疲れたー」と気持ちをぶつけるワガママのほうが男性にとっては受け入れやすいのかもしれません。

  • 【8】女友達との交遊を許せず、制限しようとする

    「途端につまらない子に見えてくる」(10代男性)など、彼氏の周囲にいる女性を敵視する姿勢に、愛よりもストレスを感じる男性は多いようです。彼氏には彼氏の時間があることを認めてあげたほうが、男性も「この子を裏切れないな」という責任感を覚えるのではないでしょうか。

  • 【9】ずっとしゃべりっぱなしで、人の言うことに耳を傾けない

    「お互い心を通わせるようないい関係が築けると思えない」(30代男性)など、人の話を聞かない彼女だと、将来に不安を感じる男性もいるようです。よくグチを聞いてもらっていたり、彼氏に頼りがちな人は、バランスがおかしくなっていないか振り返ってみる必要がありそうです。

ほかにも「『これだから女は…!』と男性が面倒臭く感じる彼女のワガママ」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock