は、鼻毛が出てる!デート中にそれとなく伝えるための一言9パターン


デート相手に「鼻毛が出ているよ」とはなかなか言えないものですが、放っておいたら気になってデートに集中できません。できれば自分で気づいてもらいたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「デート中、男性に鼻毛が出ていることをそれとなく伝えるための一言」にはどんなものがあるか教えていただきました。

  • 【1】「ちょっとお手洗いに…。○○君も行けば?」と言って、男性が自分で気づくのを待つ

    「洗面所で気づいてくれれば」(10代女性)というように、頻繁にお手洗いに行き男性に鏡を見る機会を与える作戦です。男性に「外で待ってる」と言われても、「○○君も行ってきなよ」とトイレに行くように促しましょう。

  • 【2】「あれ? 鼻になんかついてるかも」と言いながら手鏡を渡す

    「鼻毛に気づいてビックリするかもしれないけど」(20代女性)というように、手鏡を渡してチェックさせる女性もいます。男性が気づいたらすぐに処理ができるようにお手洗いの近くで伝えるなど、場所とタイミングを選んであげましょう。

  • 【3】「花粉かな。今日は鼻がムズムズしない?」と言って鼻を意識させる

    「鼻を触ったときに気づいてくれればラッキー」(10代女性)というように、男性に鼻を意識させ、自分で気づくようにしむける女性もいます。ただし、鼻を触ったくらいでは気づかない恐れがあるので、ダメなら「鼻水出てるよ」と伝えてみましょう。

  • 【4】「家出る前に鏡見てきた?」と尋ねる

    「何かおかしなことになっていると気づくはず」(20代女性)というように、男性の顔に何か異常があることをそれとなく伝えてもいいかもしれません。「今日寝坊したのー? 朝、鏡見ないで飛び出したでしょ」などとおどけた表情で聞いてみれば、自分の顔をチェックしてくれるでしょう。

  • 【5】「今日は、なんだか疲れた顔してるね」と言って自分の顔を気にさせる

    「『そうかなぁ』とか言って顔を見たがるよ」(20代女性)というように、いつもと違うと言えば、男性は自分の顔を確かめたくなるでしょう。少々不自然でも「とくに鼻の下が」など、どこがおかしいのか伝えるといいかもしれません。

  • 【6】「鼻から何かがこんにちはしているよ」と少し冗談っぽく伝え、フォローする

    「何かって言っても100%鼻毛なんだけどね…」(20代女性)というように、冗談っぽく鼻毛を指摘すれば、男性も笑ってごまかせるでしょう。男性が鼻毛を直してきたら「うん、もう出てないね」などと言い、気軽に指摘できる関係にしておくとラクでしょう。

  • 【7】「ヒゲが変な方向に向いているよ」と鼻毛ではなくヒゲのせいにする

    「ウソも方便。ホントは紛れもない鼻毛なんだけど…」(20代女性)というように、「口ヒゲが変」だと言えば、男性を傷つける心配がなさそうです。ヒゲをはやしていない男性には、「鼻の下にそり残しがあるよ」と伝えるといいでしょう。

  • 【8】「バカボンのパパになってるよ!」とアニメのキャラにたとえて指摘する

    「バカボンを嫌いな人はいないし…ね(笑)」(30代女性)というように、愛されるマンガのキャラにたとえて明るく指摘すれば、男性は大きなショックを受けずにすむでしょう。鼻毛を処理した男性を笑顔で迎えれば、その後も和やかに過ごせそうです。

  • 【9】「うん、うん」と男性の話に相槌をうちながら、鼻の下にしつこく視線を送る

    「とにかくガン見すること!」(20代女性)というように、話をしているときに鼻の下を見続ければ、男性は「何かついているのかな?」などと異変に気づいてくれそうです。もし気づいてくれない場合は、鼻の下をジーッと見つめつつ顔を近づけてみるといいかもしれません。

「デート中、男性に鼻毛が出ていることをそれとなく伝えるための一言」にはほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock