妙齢なのに男性から「オバさんぽい」と思われてしまう女性9パターン


クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が約2800名の女性に行ったアンケートによると、約半数が「学校や会社にいる厚顔無恥な先輩に悩まされている」と答えました。そういう大人の女性にならないよう気をつけている方も多いでしょうが、ちょっとした行動が男性から「オバさんみたい」と思われてしまうこともあるようです。そこで今回は、男性の生の声を参考に、「妙齢なのに男性から『オバさんぽい』と思われてしまう女性」をご紹介します。

  • 【1】電車に乗車後、座れる席を血眼で探す

    「一駅、二駅くらい立ってなよ…」(20代男性)というように、我先に席を取ろうとする強欲なところに、オバさん化傾向を察知する男性もいるようです。若さを維持する意味でも、電車ではなるべく座らないくらいにしたほうがいいのかもしれません。

  • 【2】「わはははっ!」と笑いながら、隣にいる人の体を叩く

    「ウチのおかんはよくやってる」(30代男性)というように、爆笑しながら肩をバシバシ叩くのは、典型的なオバさん行動だと思われているようです。ただし、ポンとやさしく触れる程度にセーブすれば、男性をドキッとさせるスキンシップとして効果的かもしれません。

  • 【3】自分からあけすけに下ネタを話す

    「むしろ、恥ずかしそうにしてほしいのに」(30代男性)というように、下ネタにオープンすぎる女性をオバさんぽいと感じる男性も少なくありません。下品な話題からは距離を置いたほうが初々しく見えるので、男性ウケもよさそうです。

  • 【4】「ねぇねぇ、知ってる?」と人の噂話を楽しげにする

    「他人のことに顔をつっこみすぎ」(20代男性)というように、噂好き、詮索好きなところがワイドショーチェックを欠かさない中年女性っぽく見えるのでしょう。男性を不快にさせないためにも、人の恋路や不幸をネタにして喜ぶのは控えたいところです。

  • 【5】姿勢が悪く、背中を丸めたままノソノソ歩く

    「猫背で荷物をいっぱい持っているときは特に」(20代男性)というように、前かがみで歩く女性は、年齢を問わず老けて見えるようです。猫背気味の方は、背筋を伸ばしてキビキビ歩く意識を保つと男性が受ける印象が変わるかもしれません。

  • 【6】飲み会のとき、男性に交じって「とりあえずビール!」と注文する

    「貫禄ありすぎ」(20代男性)というように、中年男性のようなオーダーの仕方に、色気のなさを感じる男性もいるようです。「ビールのひとー?」と聞いて数をまとめるなどすれば、のん兵衛だと思われずにすむうえ、周りへの気遣いもアピールできるでしょう。

  • 【7】ひじやかかとがガサガサのままで、手入れがされていない

    「恋愛から遠ざかってそう」(20代男性)というように、角質のケアを怠っている女性を見ると、美意識が低下しているのが伝わり、げんなりするという手厳しい意見も。いつでも男性の視線を意識し、カラダのお手入れを細部まで入念にしたほうがよさそうです。

  • 【8】温かい季節でも長袖を着ており、冬は厚着をしすぎてモコモコになっている

    「オシャレをがんばってない」(20代男性)というように、ムダ毛処理をせずに長袖でごまかしたり、着ぶくれした外見よりも快適性を重視している点で、女の子の気持ちが老けていると判断する男性もいるようです。オシャレのためにガマンをいとわないのも若さなのかもしれません。

  • 【9】人が食べているものを見て、必ず「それ一口ちょうだい」とねだる

    「たまにならいいけど…ねぇ?」(30代男性)というように、当たり前のように言われると、周りは厚かましいと思うこともあるようです。他人の食べているものに手をつけるのは、意地汚いと考える人もいると心しましょう。

ほかにはどんな女性が「妙齢なのに男性から『オバさんぽい』と思われてしまう」のでしょうか。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock