やましいことはしていないのに彼氏をオドオドさせてしまう女性のセリフ9パターン


浮気を怪しんで言ったセリフが、何も悪い事をしていない彼氏を追い詰め、二人の関係に溝を生んでしまうこともあるようです。では彼氏を無駄に動揺させてしまうのはどんな質問なのでしょうか。今回はスゴレンの男性読者の意見を参考に「やましいことはしていないのに彼氏をオドオドさせてしまう女性のセリフ9パターン」を紹介します。

  • 【1】直球ストレート勝負な「あなた浮気してるでしょ?」

    「何もしてなくても焦る」(20代男性)など、「浮気」という言葉が男性を驚かせてしまうようです。毎回直球で詰め寄ると「女の子と会話するのもダメ?」など窮屈に感じ、逃げ出したくなる危険があるので、肝心なとき以外は口にしないほうがいいかもしれません。

  • 【2】会えなかった日のことを探るかのような「その日何してた?」

    「思い出せないだけなのに」(30代男性)など、記憶をたどれずに焦る様子が女性には「嘘を考えているんじゃ」と見えてしまうパターンです。行動を問いただすより、「会えなくて寂しかった」など気持ちをぶつけたほうが、「もっと時間を作ろう」と思うかもしれません。

  • 【3】クールな声で、彼と共通の女友達の名前を出して「○○から聞いたよ」

    「同じ話を先に女友達に話しただけで怒るの!?」(10代男性)など、つまらない理由の嫉妬は、男性にとって想定外なため気が動転するようです。「仲良しで妬ける」などイジけてみると「疑われるようなことはするまい」と男性は次から注意深く行動してくれそうです。

  • 【4】すでに彼が浮気しているかのような口調で「あの子とはどうなってるの?」

    「無条件にドキッとする」(30代男性)など、突然の決めつけ口調に、男性は「何の事?」と焦るケースです。男性を試すような質問ばかりだと「面倒くさい女」のレッテルを貼られかねないので、詰め寄るときは「根拠ありき」を心がけたいところです。

  • 【5】友人の浮気話をしているときに、真剣な表情で「それはあなたでは?」

    「急に自分に襲いかかって来て唖然」(20代男性)など、まさに青天の霹靂に返す言葉を失うようです。頭から決めつけてしまうと「俺のこと信用してないね」と失望される可能性もあるので、「そんなわけないよねっ」など、直後のフォローも忘れずに。

  • 【6】ほかに真実があるかのように冷静に「口では何とでも言えるよ」

    「俺、何かした?」(20代男性)など、嘘をついている前提の口調に男性は、まず心当たりを探すようです。理由のない決めつけで「信頼関係が築けないんだね」と関係を見切られないように「好きすぎて心配」など彼が納得しそうな理由を伝えておきたいところです。

  • 【7】彼が女友達の話をしているとき「好きじゃないよね?」

    「嫌いじゃない子だから焦る」(20代男性)など、恋愛感情はないのにストレートに聞かれて狼狽するケースです。特定の女子の事を責め続けると男性は「実は好きなのかも」と勘違いを始める危険性もあるので、しつこく言うのはやめたほうがよさそうです。

  • 【8】彼の「○○ってお店いいらしいよ」という発言に対して「それ誰のおすすめ?」

    「喜ぶと思ったのに」(20代男性)など、彼女のために言ったにも関わらず、浮気を疑われて憤慨するケースです。ひねくれた言い方より「連れてって!!」と甘えるほうが、彼氏に「かわいい」と思ってもらえそうです。

  • 【9】会話中、不意打ちで「なんか隠してるでしょ?」

    「なぜか考え込んでしまう」(30代男性)など、思い当たる節がなくても、彼女の確信をもった言い方に、頭を悩ませるようです。隠し事がなさそうなら、「ビックリした?」など話のモードを早めに切り替えると、彼氏が不信感を抱かずに済むでしょう。

ほかにも、やましいことはしていない彼氏を動揺させてしまう女性のセリフはありますでしょうか。みなさまのご意見をおまちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock