金銭感覚が違いすぎる…男性に引かれるコンビニでの行動9パターン


ちょっとした買い物ほどリアルな金銭感覚が垣間見えるため、男性に価値観の違いを実感されることもあるようです。では日常的に利用するコンビニで、男性は彼女がどんなお金の使い方をしていると気になるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『俺と金銭感覚が違うかも』と男性が引く、コンビニでの彼女の行動」をご紹介します。

  • 【1】値段も見ずに商品を次々とカゴに放り込む

    「俺にとってはセレブの行動」(20代男性)など、コンビニレベルなら値段など気にしないという彼女の価値観に男性が驚いてしまうこともあるようです。とりあえず「何がいいと思う?」と彼氏の意見を聞くだけで、奔放な買い物をする印象は抑えられるでしょう。

  • 【2】食べきれなくても、気になる商品をとりあえず買ってしまう

    「食べる分だけ買うくらいの計算はしてほしい」(20代男性)など、無駄な消費を良く思わない男性は多いようです。男性が「こんなに食べられるかな?」と疑問を挟んだときは、既に女性が食べられる量を超えているという忠告だと考えたほうがいいでしょう。

  • 【3】近くのディスカウントストアにありそうなものでも、気にせず買う

    「安く買おうという発想のない子に不安を覚える」(30代男性)など、ちょっとの寄り道でお得になることを全く考慮しない女性は家庭的でないと感じる男性は多いようです。買い物の量が増えそうな場合は、「コンビニより安いからスーパーで買う?」と提案すると、しっかりした女性だと思ってもらえそうです。

  • 【4】商品を選ぶとき、常にその中で一番高いものにする

    「高けりゃいいとは限らないし」(20代男性)など、商品を選ぶ基準が値段しかない女性に違和感を覚える男性もいるようです。偏見を持たず、「これ安いけど意外とおいしいよね」といったフラットなコメントができる女性は、男性から認められやすいのかもしれません。

  • 【5】ちょっとした雨ですぐにビニール傘を買う

    「自分はもったいないと思うので」(10代男性)など、計算外のお金を使うことにためらいがない女性に、男性が距離を感じることもあるようです。雨なら、ちょっと様子を見ながら「傘、買ったほうがいいかな?」と相談するくらいがちょうどいいラインと言えそうです。

  • 【6】目的と関係ないものをすぐ買ってしまう

    「無駄遣いしがちな子は合わないかも」(30代男性)など、何かと必要ないものを買うタイプの女性を、浪費家と見なす男性は多いようです。特に「電池が切れた」などと買い物の目的がハッキリしている場合は、あまり関係のない棚をウロつかないほうが無難でしょう。

  • 【7】毎日飲むのに、「重いから」と2リットルではなく500ミリペットの水を買う

    「二人の未来は見えなくなりますよね」(30代男性)など、お金はいいからラクをしたいという姿勢は、二人の将来の展望にまで影響を与えることがあるようです。末永くお付き合いしたいと思う男性の前では、主婦感覚をアピールする必要がありそうです。

  • 【8】レジに並んでから目に入った商品を衝動的に買う

    「欲望が抑えられないのでは…?」(20代男性)など、小額ゆえの衝動買いでも、彼女の性格を疑ってしまう男性もいるようです。清算を済ませてから、「ああ、あれおいしそうだなぁ」と名残惜しそうに言えば、男性も「買ってあげたい」という気になるのではないでしょうか。

  • 【9】時間外手数料を気にせず、コンビニのATMでお金をおろす

    「サイフの中を気にしてないのかな?」(30代男性)など、場所や時間を考えないATM の利用に、「お金はないときにおろせばいい」という計画性のなさを感じる男性もいるようです。手数料といったささいなロスほど、堅実な男性には見逃せないポイントなのかもしれません。

ほかにも「『俺と金銭感覚が違うかも』と男性が引く、コンビニでの彼女の行動」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock