たとえ初デートでもおごる気がなくなってしまう女性の言動9パターン


初デートでは、多くの男性は女性におごるつもりでいるもの。ですが、女性の振舞い次第では、男性は「やっぱりワリカンで」と思ってしまうこともあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートから、「初デートで男性が『おごるつもりだったけど…』とワリカンにしたくなる女性の言動9パターン」を紹介します。

  • 【1】会計時に財布を出さないなど、お金を払う意思をまったく見せない

    「払うそぶりを見せないのはマナー違反」(20代男性)など、多くの男性はおごられて当然という女性の態度に不快感を覚えるようです。逆に、男性が払ってくれたら「悪いから少し出すよ」などと言うだけで、好感度がグンとアップするかもしれません。

  • 【2】会話の中で、彼氏がいることを匂わされる

    「脈なしなのにおごる道理はない」(20代男性)と、男性は「彼女にできるかも」と思っているからこそ、おごってくれるようです。彼氏がいなくても、中途半端な態度を取ると誤解される可能性もあるので、彼氏がいないならハッキリそう伝えたほうがいいでしょう。

  • 【3】自分よりも収入が多いことがわかる

    「自分よりお金のある女性におごるのが情けない」(30代男性)など、女性より収入が少ないことで自尊心が傷つけられる男性もいるようです。プライドの高そうな男性とデートするときは、高収入な女性ほど質素な暮らしぶりをアピールするといいかもしれません。

  • 【4】直接「おごって!」と何度も言ってくる

    「最初からたかるつもり?」(20代男性)など、ストレートなおねだりもしつこいと男性には敬遠されがちなようです。ただ、会計時に一度だけお願いする程度なら許されることもあるので、その時は上目づかいでかわいく頼めば、喜ぶ男性もいるかもしれません。

  • 【5】終始つまらなそうな態度を取り、自分に興味がなさそうな印象を与える

    「ずっと携帯をいじっているとか、最悪」(10代男性)など、男性は自分に無関心だと感じると、おごる気が失せるようです。相手が「つまらない男」なほど、女性はお金を出したくないものですが、そのためにはデート中は無理してでも相手を立ててはいかがでしょうか。

  • 【6】「給料日前で…」など、聞いてもいないのにお金がないアピールをされる

    「初デートでそんなことを言われても引くだけ」(30代男性)のように、最初からお金の話をする女性には、多くの男性が嫌悪感を抱くようです。本当にお金がないときは、デートの約束をするときに前もって相手に伝えるほうがベターでしょう。

  • 【7】たくさん注文しておいて、食べずに残す

    「自分のお金でもできるの?」(20代男性)と、他人の財布を何とも思わないような振舞いに怒りを覚える男性は多いようです。食べたいものが多いときは、「もしおなかいっぱいになったら、私の分まで食べられそう?」などと相手に頼めば、悪印象どころかかわいい印象を与えることができるかもしれません。

  • 【8】高級レストランで他の男性におごってもらった話をし、おごる金額で競わせようとする

    「安い男で悪かったな!」(20代男性)と、他の男性の話を出すと、比較されたと感じて腹を立てる男性は多いようです。初デートでチェーン系居酒屋などに連れていかれるとテンションは下がりがちでしょうが、不満を口にしないよう心がけましょう。

  • 【9】自分のおすすめの店に連れていったのに、「おいしい」の一言もない

    「お世辞でもいいからほめて」(30代男性)のように、自分のおすすめを認められないと、おごる気が失せる男性もいるようです。とはいえ、苦手なジャンルの料理に「おいしい」というのも大変なので、行きたいお店を事前に男性に伝えるといいかもしれません。

ほかに、女性のどんな行動で男性はおごる気が失せると思いますか? ご意見をお待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock