かつて浮気をしたことのある男性が、「いまは彼女一筋」に変わったきっかけ9パターン


恋愛において「浮気」は絶対悪ですが、かつて浮気をしていた男性が、あるきっかけから「彼女一筋」に変わったというケースは意外と多いようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「かつて浮気をしたことのある男性が、『いまは彼女一筋』に変わったきっかけ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】彼女との結婚を意識しはじめたから

    「将来を真剣に考えたら、遊んでいる場合じゃなかった」(20代男性)など、恋愛から結婚へとステージを上げるために、浮気願望がなくなる男性もいるようです。彼氏が自分からその気になるよう、日頃からさりげなく「将来の話」を振ってみてもよさそうです。

  • 【2】携帯のメモリから女性のアドレスをすべて消去されたから

    「物理的に彼女以外の女性と連絡が取れなくなった」(10代男性)など、彼女が強行手段に出たことで、浮気の方法がなくなった男性もいるようです。ただし、彼氏に「束縛されている」と強く感じさせるため、破局につながるリスクも高い方法でしょう。

  • 【3】「次にバレたら殺される…」と本気で思うほど怒られたから

    「恐ろしくて二度と浮気する気にはなれない」(20代男性)など、過去に浮気がバレたとき、彼女の大いなる怒りに触れて、浮気をやめた男性もいるようです。ただ怒るだけではなく、「二度目はないよ」と約束させるなど、繰り返しを許さないことを伝えるとよいでしょう。

  • 【4】彼女に「もう大人なんだから、よく考えて行動してね」と言われたから

    「その通りだと思った。軽率に行動できる年齢じゃない」(30代男性)など、彼女から「責任ある行動」を求められたことで、自制心が働くようになった男性も多いようです。彼女が枠を作るのでなく、彼氏の自発的な行動を促すほうが重要でしょう。

  • 【5】彼女が本気で自分を信じてくれていると知ったから

    「何も疑っていない彼女の目を見て、自分が恥ずかしくなった」(20代男性)など、彼女の心の底からの愛情を実感して、過去の自分を恥じた男性もいるようです。「彼女の信頼に応えたい」という気持ちを引き出すことで成立するケースといえるでしょう。

  • 【6】彼女に「浮気、知ってるからね」と悲しげに言われたから

    「怒って責められるより心が痛んだ」(20代男性)など、浮気に気づいた悲しみをポツリと伝えることで、罪悪感に目覚める男性もいるようです。あえて具体的な話をしないことで、彼氏が自分で問題を解決するように仕向けることができそうです。

  • 【7】毎日のように彼女と会っていて時間がないから

    「ほとんど毎日彼女と一緒にいるから」(10代男性)など、単純に彼女と会う頻度が増えたことで、浮気の余地がなくなった男性もいるようです。そのペースを維持している間に、体ではなく心のつながりを深めることが肝心でしょう。

  • 【8】付き合い始めに「ほかの女と間違いがあったら二度と会わないよ」と言われたから

    「最初に釘を刺されたから、そういうルールだと納得できた」(20代男性)など、あえてハッキリ言葉に出して伝えることで、はじめて約束できる男性もいるようです。当然の了解と思わずに、付き合い始めにキチンと言っておくのもよさそうです。

  • 【9】いまの彼女が心の底から好きだから

    「絶対に失いたくないと思ったら、自然と彼女以外に興味がなくなった」(20代男性)など、彼女への愛情に迷いがなくなったことで、浮気願望が消えたという男性は多いようです。お互いに愛情表現を増やすなど、信頼関係を深めることで達せられる境地かもしれません。

ほかにも、「男性が『いまは彼女一筋』に変わったきっかけ」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock