プロポーズしろってこと?彼氏にプレッシャーを与える言動9パターン


結婚適齢期と呼ばれる年齢になると、結婚を焦り出す女性もいます。とはいえ、彼氏にそのいら立ちを感じ取られると、男性の重荷になってしまうことも。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『プロポーズしろってこと?』と彼氏がプレッシャーに感じる言動」をご紹介します。

  • 【1】「友達が結婚ラッシュ」とたびたび話題にする

    「『私はまだなの?』って言われてる気がする」(20代男性)など、察しのいい男性ほどプレッシャーを感じてしまう発言と言えそうです。彼氏が話題にしない限り、他人の結婚について自分からは口にしないほうが無難かもしれません。

  • 【2】「親が最近うるさくて」と自分にかかっているプレッシャーを話す

    「オレに言われても…微妙な心境(苦笑)」(20代男性)など、グチのつもりで話しても誤解される可能性がありそうです。「私はまだ結婚するつもりないのに」などと前置きをすると、グチを聞く彼氏の気持ちも軽くなるのではないでしょうか。

  • 【3】「子どもほしいなー」とつぶやく

    「子どもがほしいってことは、結婚もしたいんだよね…」(20代男性)など、直接結婚の話をしなくても、彼氏に無言の圧を与えてしまうことがあるようです。「結婚は現実味がないけど、子どもには憧れがある」などと言えば、結婚に対する焦りを感じ取られることもないでしょう。

  • 【4】「このドレスかわいくない?」と結婚情報誌を見せる

    「結婚情報誌とか見せられるとドキッとする」(20代男性)など、ダイレクトに結婚に結びつく雑誌やパンフレットは、男性を追い詰めるのに十分な材料と言えそうです。アクセサリー売り場で婚約指輪を見せ、「あんなのいいね」などとコメントするのも控えたほうがいいかもしれません。

  • 【5】「マンションを更新するか迷う」と相談する

    「一緒に暮らしたいって意味なのかと思ってしまう」(20代男性)など、男性にいらぬ深読みをさせてしまうケースです。単に迷っているだけなら、「引っ越したいんだけど、次はどのあたりがいいと思う?」など、誤解の余地がない言い方をしましょう。

  • 【6】「結婚したら…」というたとえ話が増える

    「正直、一言一言が重いです(苦笑)」(20代男性)など、「結婚したい」と言われているようで、重荷に感じる男性もいるようです。「小さいころから、結婚には夢があってね」などと言えば、もう少し現実味が薄らぐかもしれません。

  • 【7】「付き合って何年目だっけ?」と確認する

    「どういう意図で聞いてるの? 怖いなー」(20代男性)など、交際の長さを強調するような発言をすると、「そろそろ結婚しよう」と言われているように感じる男性もいるようです。「これからも仲良くしようね」など、男性がいらぬプレッシャーを感じないように締めくくりましょう。

  • 【8】「旅行行こうよ」と誘う行き先が彼女の実家に近い

    「親に会ってほしいってことなのかな…」(20代男性)など、旅先によっては男性をモヤモヤした気持ちにさせることもあるようです。「いい温泉がある」など、旅の目的地を明確にしておけば、そのような心配もなくなるでしょう。

  • 【9】「花嫁修業!」と意気込んで料理教室に通う

    「ストレートに言われるとドキドキするなぁ」(20代男性)とボヤく男性もいます。たしかに結婚前に料理を勉強するのはいいことですが、プロポーズもされていないのに「花嫁修業」という単語を出すのはいささか気が早すぎるようです。単に「料理上手になりたい」と言ったほうがいいでしょう。

ほかにも「彼氏はこんな言動から彼女の結婚に対する焦りを感じ取る」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock