付き合ってもおかしくない相手と交際しなかった理由9パターン


いい感じの雰囲気だったのに、交際に発展しないまま疎遠になってしまった男性がいるという女性も多いと思います。なぜ男性は付き合うことを避けたのか、今回は、『スゴレン』の男性読者のみなさんに「付き合ってもおかしくない相手と交際しなかった理由」を教えていただきました。

  • 【1】同じくらい気になっている相手から先に告白されたから

    「自分のことを好きと言ってくれるだけでも嬉しい」(20代男性)など、積極的な女性に先を越されたパターンです。男性からなかなか告白されない場合はずっと待つだけでなく「あなたと付き合いたい!」とストレートに伝えるほうが得策かもしれません。

  • 【2】引越しや転勤でなかなか会えずに疎遠になってしまったから

    「会えないと気持ちも離れる」(10代男性)など、物理的な距離感に熱が冷めてしまうこともあるようです。交際したい相手ならば「絶対会いにいくからね」など距離を感じさせない発言と行動をして、このタイミングをチャンスに変えてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】相手が自分と付き合う気がないと思い、失恋を恐れて他に目を向けてしまったから

    「ふられて凹みたくなかった」(20代男性)など、男性側に告白する勇気がないため、リスクが少なそうな女性で妥協するケースです。「あなたのそういうところ好き」など日頃からさりげなく好意を伝えておくと男性が告白する勇気をもてるのかもしれません。

  • 【4】自分に自信がなくてアプローチできなかったから

    「自分とはただの暇つぶしなのではと思う」(20代男性)など、男性自身の過小評価により、前に進まなかったケースです。「○○くんといると安心する」など一緒にいるときに「必要な存在」であることを伝えると自信を持って二人の将来を考える男性は多いでしょう。

  • 【5】付き合う前に何度も会いすぎて友達感覚になってしまったから

    「ドキドキしなくなってしまった」(20代男性)など長い時間を過ごした結果、気楽でいられる分、恋愛対象ではなくなってしまうこともあるようです。心地よい存在を目指すのは大事ですが、下ネタには照れるなど、女らしい態度を忘れず「異性」を意識させたほうがよさそうです。

  • 【6】仕事や趣味が楽しくて自分が恋愛に興味がない時期だったから

    「恋愛する気がゼロだった」(30代男性)など、単に男性のベクトルが恋愛に向いていないことが原因の場合もあるようです。「また時間あるとき誘ってね」など、男性のペースを乱さない女性をアピールすると、男性は「恋と両立できるかも」と思ってくれるかもしれません。

  • 【7】お互い受身で、アプローチを待っている期間が長すぎたから

    「相手の気持ちが見えなくて」(20代男性)などどっちつかずの態度にお互いが見切ってしまったケースです。自分から積極的にアプローチができない女性は「彼氏ほしいな」など「受け入れ態勢」であることを伝えると、待ってましたとばかりにアピールしてくる男性は多いでしょう。

  • 【8】友だち期間が長すぎて関係が変わるのが怖かったから

    「今の関係性がベストな気がした」(20代男性)など、急に恋人関係になることに尻込みしてしまう男性もいるようです。「○○くんが彼氏だったら幸せだろうな」など男性の背中を押す発言をすると、迷いが消えて積極的になってくれるかもしれません。

  • 【9】そろそろ結婚がしたい年齢だったので、相手選びに慎重になりすぎたから

    「ちょっとしたところまで気になってしまった」(30代男性)など、男性は結婚を考えると神経質になって一歩が踏み出せないようです。「いますぐ結婚はできないな」など、結婚に必死じゃない様子をアピールすると、男性は重く考えず気軽に話を進めるようになるでしょう。

ほかにも「付き合ってもおかしくない相手と交際しなかった理由」はありますでしょうか。皆様の意見をお待ちしています。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock