彼女と別れたばかりの男性をドキドキさせる一言9パターン


片想いをしていた男性が彼女と別れた直後はアプローチするチャンス。でも落ち込んでいる男性を振り向かせるのは容易ではありません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんが、どんな言葉で彼女と別れたばかりの男性を振り向かせたのかを教えていただきました。

  • 【1】「よし! 飲もう! 今日はおごるよ」とサシ飲みに誘う

    「二人きりになって話を聞いてあげることが大切」(20代女性)というように、まずは男性の話を聞く機会をつくってみるといいかもしれません。いざサシ飲みとなったら、まずは親身になって男性の話に耳を傾けましょう。そうして男性の理解者になることが恋愛成就の近道かもしれません。

  • 【2】「寂しくなったらいつでも連絡してね」と心の穴を埋めたいと思っていることをアピールする

    「弱っているときは話を聞いてほしいものだから」(10代女性)というように、寂しさを和らげようとする優しさにグッとくる男性もいそうです。「夜遅い時間でもいいよ」など、本気で男性の心の穴を埋めたいと考えていることが伝わる言葉を添えるといいでしょう。

  • 【3】「大丈夫、私がいるじゃん!」と明るく励ます

    「ほぼ告白なんだけどね」(20代女性)というように、「彼女の代わりになる」という励ましで男性の心を射止めた女性もいるようです。ただし、あまり真剣なトーンだと、まだ気持ちの整理がついていない男性が答えに詰まる恐れがあるので、冗談っぽく伝えるほうがいいかもしれません。

  • 【4】「○○君のこと、どうしたら元気にできるかな?」と男性の要望を聞く

    「すぐに答えが出てこなくても、私の心配は伝わる」(20代女性)というように、女性の包み込むようなやさしさに、男性が甘えてくる可能性もあります。男性からの要望がない場合は、「とりあえず話きくよ」など自分ができることを提案してみましょう。

  • 【5】「私が忘れさせてあげる」と言いながら男性を抱きしめる

    「言葉より行動が胸に刺さることも」(20代女性)というように、誰の言葉も耳に入らない状態の男性には、大胆なアプローチが必要なのかもしれません。抱きしめる勇気がない場合は、手をつなぐ、頭をなでるなどのスキンシップでもよさそうです。

  • 【6】「あたしならそんな想いさせないのになー」と独り言のようにつぶやく

    「元カノ以上の存在になれることをアピール」(20代女性)というように、元カノと違い、男性を傷つけないことを強調するパターンです。ただし、元カノの悪口に気分を害する男性もいるので、否定するのは控えましょう。

  • 【7】「でもさー、私は結構○○君のこと好きよ」とそれとなく好意を伝える

    「話の流れでサラッと伝えるくらいがいい」(30代女性)というように、秘めていた想いを慰めの意味を込めて伝えるのも、男性をドキッとさせることができるようです。友達として「好き」なのか、異性として「好き」なのか分からないくらいの軽いトーンで伝えれば、男性が変にかまえる心配もありません。

  • 【8】「○○君は悪くないよ」とひとまず傷心している男性をかばう

    「男性が自分を責めていそうだから」(20代女性)というように、ネガティブになっている男性の気持ちを癒すことで、自分へ気持ちを向けさせる方法です。いつでも自分は味方であることをアピールすれば、男性もそれに甘えてくれるでしょう。

  • 【9】「あたしじゃダメかな?」と秘めていた想いを伝える

    「ようやく想いが通じた」(20代女性)というように、さみしさの絶頂にいるときに、思わぬ告白をされ「ドキッ!」としない男性はいないかもしれません。彼女がいる間もずっと想い続けていたことを強調すれば、ただの慰めではなく本心であると伝わるでしょう。

「彼女と別れたばかりの男性をドキドキさせる一言」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock