彼氏が浮気を白状しやすい「ひっかけ質問」9パターン


「彼氏が浮気をしてるかも」と不安なときは、鬼の形相で問いただすより、何気ない顔でカマをかけたほうが真実を聞き出せるかもしれません。では、彼に浮気を白状させるにはどんな質問が効果的なのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の読者の意見を参考に「彼氏が浮気を白状しやすい『ひっかけ質問』9パターン」を紹介します。

  • 【1】「隠し事してるよね」と確信に満ちた顔で聞く

    「堂々とするのがポイント」(20代女性)など、「知ってるよ」という雰囲気で質問すると、彼氏が浮気してる場合「バレてる…」と諦めて白状することがあるようです。ただし、勘違いだった場合は誠意をもって謝らないと、信頼関係をなくす可能性があります。

  • 【2】「浮気人を選ぶ女は男を見る目がない。私は見る目あるよね?」とプレッシャーをかける

    「浮気してたら、焦ると思う」(20代女性)など彼に罪悪感を感じさせるパターンです。「あなたを選んだ私は幸せ者だね」などとさらに追い込むと、黒だった場合、いたたまれずに白状するかもしれません。

  • 【3】会えなかった日の数日後に突然、その日何をしていたか聞く

    「”不意打ち”に男は弱い」(30代女性)など、思いがけないタイミングでの質問は、うまい言い訳ができないので効果的かもしれません。会えない当日は「会いたかったのに」と凹んでみると、後ろめたさもプラスされ、男性は白旗を上げるかもしれません。

  • 【4】「この前友達が見たらしいけど一緒にいた人誰?」とありもしないことを投げかける

    「言い訳するかを見る」(10代女性)など彼氏が裏切っていた場合、「見られてた!?」と勘違いして自白することを期待した作戦です。彼氏が「誰のことだろ?」など疑う余地がないほどに考え込んでいた場合は、むやみに攻め続けないように注意したほうがよさそうです。

  • 【5】「○○の彼女と名乗る人から電話があったんだけど」と一か八か言ってみる

    「心当たりがあれば白状せざるをえない」(20代女性)などほかに女がいた場合、彼氏の逃げ道をつぶすパターンです。もしも的外れだったら嘘だとバレて信用を失い兼ねないので、本当に疑わしいときの最終手段にしたほうがよさそうです。

  • 【6】「友達の彼氏が浮気したらしい。○○はしてないよね?」と真顔で聞く

    「大げさなくらい神妙な雰囲気で聞く」(20代女性)など、友達に同情しながらも彼氏を直接問い詰める作戦です。彼が潔白でも、「もし浮気したら○○だからね」と裏切ったらどうなるかを想像させると、下手に疑われるような行動は避けるかもしれません。

  • 【7】「ケータイがなってたから見たよ」と意味深な雰囲気で言ってみる

    「もし黒だったらすごく焦ると思う」(10代女性)など、「秘密を見られた」と焦り、彼氏が一気に青ざめ兼ねない攻撃です。一歩間違ったら「プライバシーの侵害」と逆ギレされるかもしれないので、言うべきタイミングをしっかり見計らいたいところです。

  • 【8】「このカフェに誰と行ったの?」とレシートを見ながら誰かとデートしたかのように言う

    「女子が好きそうな店のレシートなら、より効果ありそう」(20代女性)など、いつもは行かないようなお店の領収書を見せて、男性の態度を探る作戦です。「レシートを見た」と言えない場合は「このカフェ行ってたよね?」などさりげなく詰め寄ると怪しい行動を見せるかもしれません。

  • 【9】「フェイスブック見たよ」など彼のSNSで何かを見つけたかのような発言をする

    「浮気には最適なツールだと思う!!」(30代女性)など、SNSに夢中になっている彼氏には威力を発揮する発言かもしれません。彼氏が「仕事で使うから」など、やたら熱心にやっている場合は、焦ってカミングアウトしてくる可能性もあるでしょう。

ほかにも「彼氏が浮気を白状しやすい『ひっかけ質問』」はありますでしょうか。ご意見お待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock