若かったな…と反省する「過去の恋愛へのこだわり」9パターン


若いころは何かと恋愛に理想を抱いてしまいがちですが、大人になってみると「こだわりすぎが失敗の原因かも…」とほろ苦く思ってしまう女性も多いようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「『若かったな…』と反省する、昔持っていた『恋愛へのこだわり』」をご紹介します。

  • 【1】告白やデートの誘いは絶対に男性からじゃないとイヤ

    「受け身の女がいい女なんだと思ってました…」(30代女性)など、エスコートされることにこだわり、「待ち」の姿勢でいたことを後悔する女性は多いようです。自分から好意をほのめかすことで、男性がその気になるというケースもあることを肝に銘じましょう。

  • 【2】とことん尽くすのが女で、彼氏の要求には全部答える

    「『俺様』彼氏を育てるだけだった気がします」(20代女性)など、献身的な彼女を演じたせいで、彼氏を増長させてしまった経験を悔やむ女性もいるようです。言いたいことを素直に言える関係を作ってこそ、彼氏の優しさを感じられるのかもしれません。

  • 【3】彼氏には毎日メールしてほしい

    「お互い自分の時間が持てず、ギスギスした関係に…」(20代女性)など、ルールで彼氏を縛りつけた結果、心が離れてしまったこともあるようです。頭の中を恋愛だけでいっぱいにするより、仕事や友人関係も充実させることが、余計な束縛をしないコツなのではないでしょうか。

  • 【4】男性に上品に見てもらうため、デートや飲み会ではお酒や食事の量を抑える

    「お上品にしていても、スルーされるだけ」(30代女性)など、自分を抑えて気取ってみても、あまり成果を得られなかったと感じる女性もいるようです。よく食べ、よく笑い、自然体で楽しむ女性の姿に、男性は魅力を感じるのかもしれません。

  • 【5】「付き合うならやさしくてお金持ちのイケメン!」という条件

    「こだわりを捨てたら、今の彼と出会えました」(20代女性)など、理想にとらわれなくなったことで、本当に相性のいい男性を見極めることができた女性が多いようです。肩書きよりも、「一緒にいて心地いい」といった感覚を大切にすべきなのかもしれません。

  • 【6】「友達に自慢できるか」が彼氏選びの基準

    「自分がどう感じるかを二の次にしていました」(20代女性)など、周りの目を気にするあまり、自分の幸せが見えなくなってしまっていた女性もいるようです。どんな彼氏を選んでも、女性が幸せそうであれば、他人からは「素敵な彼で羨ましい」という評価をもらえるのではないでしょうか。

  • 【7】彼氏とケンカしたときは、絶対に向こうに謝らせる

    「ケンカが終わらず、翌日グッタリすることもしばしばでした」(30代女性)など、意地の張り合いをして延々ケンカが続いても、自分が楽しくないことに気づいた女性もいるようです。彼氏の言い分を聞いたり、自分の反省点も伝えたりと、相手が謝りやすくなる状況をつくることが大人の振る舞いと言えそうです。

  • 【8】重い女だと思われないよう、会いたくてもメールや電話をしない

    「愛される幸せを知りませんでした…」(20代女性)など、控えめで我慢強い態度ゆえに、都合のいい女性になっていたことに気づいた女性もいるようです。彼氏の愛を実感するには、まず自分から素直に好意を表現することが大切なのかもしれません。

  • 【9】自分のフィーリングよりも、相性占いの結果を信用する

    「鑑定結果に一喜一憂して、男性自身に目が向いてなかった」(20代女性)など、占い好きが高じて、男性の本質を見逃してしまっていたと反省する女性もいるようです。相手がどんな男性で、自分が何を感じるのか、実体験の中で恋愛のカンを磨いていくことも大切でしょう。

ほかにも「『若かったな…』と反省する、昔持っていた『恋愛へのこだわり』」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock