ダメ男にひっかかりやすい、危険なタイミング9パターン


その時はいいと思って付き合い始めたのに、あとで「ダメ男」と気づき、後悔した経験はないでしょうか。では女子はどんなとき、だめんずにハマってしまうのでしょう。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に「ダメ男にひっかかりやすい、危険なタイミング9パターン」をご紹介します。

  • 【1】失恋した直後で、心にポッカリ穴が空いているとき

    「少しでも優しくされるとつい…」(20代女性)というように、失恋で心が傷ついているときには、ちょっと優しくされただけで心がふらりと傾きがちなようです。優しく見えても、実は優柔不断男子ということがあるので、お付き合いは失恋の傷が癒えてから考えましょう。

  • 【2】彼氏が構ってくれず、心が揺れているとき

    「大事にしてくれる人を求めてしまう」(20代女性)など、彼氏とうまくいっていないと他の男子に目が向きがちです。でも、彼氏がいるとわかっていてちょっかいを出してくる男子の多くは、遊びの可能性が高いものです。まずは彼氏が構ってくれない理由を分析し、彼氏と話し合うべきかもしれません。

  • 【3】恋人たちが浮かれるクリスマスなどのイベント前に、特定の相手がいないとき

    「とりあえず誰でもいい!」(20代女性)というように、男子の善し悪しを見極めずに突っ走る女子もいるようです。このパターンは別れも早いので、翌年同じシーズンにまた一人になりがち。時期に左右されず、本当に愛することのできる彼氏を見つける努力をしましょう。

  • 【4】人肌が恋しくなる秋など、季節の変わり目のとき

    「紅葉を見ると人恋しくなる…」(30代女性)など、しっとりした季節は寂しさを感じる女子がいるようです。お互い人恋しさで付き合い出して、季節が移ったら「こんな人だったの?」とならないよう、きちんと愛情が芽生えているか、理想の恋人像に近いか一度分析してみましょう。

  • 【5】仲良しの女友達に彼氏ができて遊び相手がいなくなったとき

    「時間を持て余しちゃって…」(20代女性)と、ひとりでいるのが苦手な女性は、ダメ男のドツボにハマることがあるようです。男子にとって「ただの遊び相手」にならないように、ひとりの時間を生き生き過ごせる趣味を持っておくといいかもしれません。

  • 【6】退屈な毎日を過ごしていて刺激に飢えているとき

    「刺激がほしいー! いい男紹介してー」(20代女性)というように、つまらない毎日に刺激をくれる男性にハマる女子もいます。女子が喜ぶ甘いセリフがバンバン出てくる刺激的な男子は、遊び人が多いものです。男子がささやく言葉に「映画みたい」などと浮かれず、本心からなのか冷静に見極める必要がありそうです。

  • 【7】失敗をして自信喪失、精神的に参っているとき

    「誰かに支えてもらいたい」(20代女性)というように、心が弱っていると一人が不安な女子もいるようです。好きでもない人とつき合っても、心が元気に戻ったときに面倒なことになるので、友達に頼るか一人で乗り切りましょう。

  • 【8】「可愛い」「愛してる」などの甘い囁きをしばらく聞いていないとき

    「女として見てくれる彼氏がほしい」(30代女性)など、女の自信を失っているときも男を見誤る危険なときです。会ったばかりで簡単に「愛してる」という男子は、女子の扱いに慣れている可能性があるので、言葉の魔術には気をつけましょう。

  • 【9】長い間彼氏がいなくて「このままだと一生ひとりかも」と不安でたまらないとき

    「孤独死はイヤ」(30代女性)と言う女子は、「誰か見つけなきゃ」という焦りで冷静な判断ができなくなっている可能性があります。不安からろくでもない男子にひっかからないよう、「一人でもいい」という決心をしてみると、いい男子が現れるかもしれません。

ほかにも「ダメ男にひっかかりやすいタイミング」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock