男性が「彼女に聞かれたくない!」と密かに思っているNGクエスチョン9パターン


あなたが何気なく聞いた質問で、彼氏を不機嫌にさせてしまった経験はないでしょうか? そこで『スゴレン』男性読者への調査を元に、「男性が『彼女に聞かれたくない!』と密かに思っているNGクエスチョン」をご紹介します。男ゴコロをしっかり学んで、今後の恋愛に活かしてください。

  • 【1】「今までに付き合った人数は?」など、過去の恋愛経験についての質問

    「多すぎると思われて引かれるのは嫌だけど、少なすぎると思われるのもちょっと…」(20代男性)など、同じ答えでも聞き手によって受け止め方が異なるので答えに困る問いのようです。どうしても気になるなら、まず自分の恋愛経験をそれとなく打ち明けましょう。

  • 【2】「大学はどこ? 偏差値はどれくらい?」など、学歴に関する質問

    「彼女のほうが高学歴だったらヘコむ」(20代男性)と、この質問は彼氏の劣等感を刺激する危険があるようです。さりげなく知るには、学校や勉強の思い出話をしながら、自然と学校名や偏差値が出るよう誘導するといいかもしれません。

  • 【3】「血液型は?」「星座は?」など、今にも占いや分析がはじまりそうな質問

    「勝手に○○なタイプと決められるのは嫌」(20代男性)のように、人を型にはめようとする質問に抵抗を感じる男性もいるようです。ただし、聞いたあとに自分との相性などについて話せば、逆に盛り上がる可能性もあるでしょう。

  • 【4】「私ってイケてないよね?」など、否定を期待しているのがバレバレな質問

    「いちいち否定してあげて、持ち上げないといけないからウザイ」(10代男性)と、ほしい答えが見え見えで面倒臭さを感じる男性も多いようです。そこを逆手にとり、「だけど、あなたにふさわしい存在になりたいの」とアドバイスを求めると印象がアップしそうです。

  • 【5】「私のどこが好き?」「どれくらい好き?」など、愛情を確かめようとする質問

    「言葉で表現しづらいし、ちょっと重い」(30代男性)など、好きな気持ちを具体的に説明させようとする質問に冷めてしまう男性も存在します。彼氏の気持ちを確かめたければ、自分から「好き」と伝えると、「オレも!」と言ってもらえるかもしれません。

  • 【6】「昨日はどこで何してたの? 明日は?」など、予定を事細かに把握しようとする質問

    「気詰まりで、『関係ないだろ!』と思う」(30代男性)のように、予定を根掘り葉掘り聞かれると束縛されていると感じる男性もいるようです。ときには彼氏の行動にあまり干渉しないのも、「オレに興味がないの?」とヤキモキさせられて効果的かもしれません。

  • 【7】「仕事と私、どっちが大事?」など、恋愛と仕事を天秤にかけるような質問

    「どちらかいっぽうを選ぶなんて、できっこない」(20代男性)など、答えられない二者択一にうっとうしさを感じる男性もいるようです。彼氏の仕事が忙しくてなかなか会えないときには、ストレートにさみしい気持ちを伝えたほうがいいでしょう。

  • 【8】「浮気してないよね?」など、ハナから浮気を疑ってかかる質問

    「信用されていないみたいで悲しくなる」(20代男性)と、彼女が自分を信じていない事実にショックを受ける男性もいるようです。ただ動かぬ証拠がある場合は、彼氏に浮気の有無をきちんと聞いて二人の関係をリセットするキッカケにするといいかもしれません。

  • 【9】「貯金はいくら? 収入は?」など、お金関係のツッコんだ質問

    「結婚相手として品定めされている感じで不愉快」(30代男性)など、男性に「お金目当ての女」だという印象を与えかねない質問のようです。また、「貧乏だとバレると立場がない」と思う男性もいるので、露骨にお金の話題は出さないようにしましょう。

「彼女に聞かれたくないNGクエスチョン」は、ほかにどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock