同窓会で再会した女子に、ガッカリした瞬間9パターン


同窓会に行く前は「みんな、どうなっているかな?」とワクワクするものですが、女子のあまりの変化にショックを受けたという男子の声も。では、男子は女子のどんなところに「ザンネン!」と感じるのでしょうか。そこで今回は「同窓会で再会した女子に、ガッカリした瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】「どなたでしたっけ?」と思わず聞いてしまうほど、太った姿を見た瞬間

    「緊張感のない暮らしなんだろうな」(20代男性)など、あまりの体型の変化は男子の目にダラしなく映るようです。同窓会の案内がきてから痩せるのは限界があるので、日頃から食事に気をつけたり、エクササイズをするなど心掛けておきましょう。

  • 【2】「私の彼は本当にルーズだし、ダメ男」など、彼氏の悪口と愚痴を延々と聞かされた瞬間

    「何様って感じ」(20代男性)というように、彼氏への批判は同性である男子を一斉に敵に回しそうです。彼氏の話をするなら「優しい、頼りがいがある」などと彼氏を褒めておけば、「いい女」だと思われそうです。

  • 【3】「どこで買ったの?」というようなオバサンファッションを見た瞬間

    「本当に同級生? と目を疑う」(20代男性)など、イケていない服装は老けた印象を与えがちです。「もう何年も服を買ってない」などと言う人は、高価でなくてもいいので流行のファッションにトライしてみると「きれいになったなぁ」と言ってもらえるかもしれません。

  • 【4】お金持ちの彼に買ってもらったブランド品を見せびらかしているのを見た瞬間

    「下品。アホ」(20代男性)というように、最悪の場合、軽蔑されかねない行為です。本人は「お金持ちの男性がぞっこんになる私」をアピールしたいのかもしれませんが、他人から見ると「お金で男を選ぶ薄っぺらい奴」と思われるので気をつけましょう。

  • 【5】同窓会を明らかの婚活の一つととらえ、ロマンスを期待しているのを感じた瞬間

    「テレビの見過ぎ! どれだけ寂しい人生なんだ」(20代男性)など、少しでもギラついた様子を見せる女子に男子は引いてしまうようです。恋が芽生えるのは結果論だと考え、同窓生との再会を楽しむことに集中したほうがよさそうです。

  • 【6】清楚だった女子が厚化粧になっているのを見た瞬間

    「女子は化粧しないほうが可愛い」(20代男性)というように、自然体の女子が好きな男子もいるようです。同窓生は素顔を知っている可能性が高いので、濃すぎる口紅やグルッと目をぐるっと囲んだアイラインなどは避けた方がいいかもしれません。

  • 【7】人気者だった女子が「だからあの子は…」と人を見下した態度を取った瞬間

    「昔いい子だったのに性格ブスとか最悪…」(20代男性)など、外見の劣化以上に「内面の劣化」が激しい女子はザンネン度が高いようです。上から目線だけでなく、自慢話も周りを不愉快にさせる言動なので気を付けましょう。

  • 【8】彼氏がいるのに、会終了後に同窓生の男と夜の街に消えて行くのを見た瞬間

    「酔った勢いとか貞操観念低すぎ!」(30代男性)というように、「性」にだらしない姿は同窓会で見たくない行為のようです。昔の恋人と酔った勢いで「やけぼっくいに火」がつきそうになっても、誰が目を光らせているかわからないので注意しましょう。

  • 【9】昔と変わらず、鞄にキャラクターもののマスコットをぶらさげているのを見た瞬間

    「何歳だよ!」(20代男性)というように、全く成長していない女子に呆れかえる男子もいるようです。どうしてもキャラクターものを付けたければ、携帯に小さいストラップをひとつぶら下げる程度にとどめておいたほうがいいかもしれません。

ほかにも「同性から見てもザンネンだった女子の変化」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock