「これだから女性は怖い!」と男性が震え上がる瞬間9パターン


女性の思いがけない素顔を垣間見て、勝手に抱いている「女性らしさ」とのギャップにショックを受ける男性も多いようです。では、どんな行為が男性に衝撃を与えるのでしょう。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『これだから女性は怖い!』と男性が震え上がる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】普段仲良くしている女友達の悪口を平然と口にする

    「それまでニコニコ話していたのに…怖いです」(10代男性)など、友達思いの男性ほど、女性の表向きだけの友情を垣間見て失望することが多いようです。「愛のあるダメ出し」のつもりでも、なんでも言い合える関係だと理解していない男性の前では、「悪口」に聞こえるので注意が必要です。

  • 【2】「寂しい」と頼って期待させておきながら、口説くと「そんなつもりじゃない」と言う

    「じゃあどんなつもりなんだよ!」(20代男性)など、思わせぶりな態度をとる女性に対し、不信感をつのらせている男性もいるようです。「頼られたってことは、異性として好意を持たれている!」という思考回路を持つ男性は多いので「人がよさそう」などの理由で安易に頼みごとをしないようにしましょう。

  • 【3】「内緒にして」と話したことを周囲の友達に平気で漏らす

    「悪びれる様子もなかったりするので、余計腹立つ」(20代男性)など、相手を信用して打ち明けただけに、裏切り行為だと感じるようです。男性は本当に秘密にしてほしいときしか「誰にも言わないで」と言わないと頭に入れておきましょう。

  • 【4】失恋したとき周囲を巻き込み大騒ぎした後、すぐに次の彼氏をつくる

    「切り替え速っ!」(20代男性)など、失恋した女性に感情移入した男性は、その後の急展開に気持ちが追いつけなくなるようです。失恋時に男友達に頼るなら、元彼を引きずらない性格を含め、自分の恋愛観をよく理解している男性を選びましょう。

  • 【5】男性がいるときと女性同士でいるときとでキャラが豹変する

    「その演技力にビビる」(10代男性)など、器用にキャラを使い分ける女性に計算高さを感じてしまう男性は多いようです。特に、おとなしそうなイメージだった子が、キツい言葉を話していると幻滅するので、学校の近くなど、知り合いの男性とバッタリ会いそうな場所でのおしゃべりには気を付けたほうがいいかもしれません。

  • 【6】振られた男性を恨んで、根も葉もない噂を広める

    「人から自分が悪者になっていると聞いて寒気がした」(30代男性)など、逆恨みによる女性の過激な行動に恐れを抱く男性もいるようです。一時的に振られた男性に仕返しできたとしても、最終的に評判を落とすのは自分だと思ったほうがいいでしょう。

  • 【7】彼氏のケータイやSNSの書き込みを細かくチェックしている

    「SNSでつながってる俺の友達まで怖がらせることに…」(20代男性)など、嫉妬深い行動は彼氏だけでなく、彼氏の友達まで引かせてしまうようです。不安ゆえの行動でも、お互いの信頼関係を損ねるだけなので、監視するようなマネはやめましょう。

  • 【8】興味のない男性に対しては露骨に無愛想になる

    「何様かと思う」(20代男性)など、男性を格付けするような態度に不快感を覚える男性は多いようです。その場の「対人エネルギー」は節約できても、悪い評判が他の男性にも広まることを考えると、あまり効率的な行動とは言えないでしょう。

  • 【9】立場が悪くなると、うそ泣きで切り抜けようとする

    「問答無用で男が悪者になる」(30代男性)など、卑怯な手にうんざりする男性もいるようです。ただし、逆に本当に泣いてしまいそうなところを懸命にこらえると、正しいことを言っている男性でも「言い過ぎたかな」と素直に思いやりの気持ちが芽生えるでしょう。

ほかにも「『これだから女性は怖い!』と男性が震え上がる瞬間」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock