女友達に対して「彼氏ができない原因はこれだろうな…」と思っていること9パターン


女友達同士で語る恋愛トークは楽しいものですが、「彼氏がいない友達」に対して、「なぜ恋愛できないのか」を伝えることは難しいようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女友達に対して『彼氏ができない原因はこれだろうな…』と思っていること9パターン」をご紹介します。

  • 【1】人前で友達の悪口を平気で言うなど、信頼を損ねる発言が多い

    「性格ブスと思われても仕方ない」(20代女性)など、他人の悪口を平気で口にする女性は、男性から敬遠されるようです。そればかりか女友達からの信頼も損ねるので、気をつけるべきでしょう。

  • 【2】「出会いがない」が口癖なのに、新しい人間関係を作ろうとしない

    「狭い人間関係に閉じこもってる」(20代女性)など、居心地のいい昔からの友達とばかり付き合っていたり、休日、家にこもってばかりいると、新しい出会いは望めないようです。飲み会やイベントに自分から出かけるなど、行動することが大切でしょう。

  • 【3】「自然体が一番」といって、あまりにも外見に気を使わない

    「少しは努力して自分を磨いた方がいい」(20代女性)など、恋愛において外見的な魅力は重要なもの。「自然体」という楽なポジションに逃げていると、恋愛のチャンスを掴むことは難しいでしょう。ナチュラルと無頓着は違うことを肝に銘じたほうがよさそうです。

  • 【4】言葉遣いが荒い、笑い声が大きすぎるなど話し方が下品

    「なぜか男言葉で話す友達がいるけど、当然モテない」(10代女性)など、言葉遣いや話し方は人間性が見えるもの。下品な言葉遣いは恋愛的にマイナスでしょう。無理にかしこまる必要はないので、ごく普通の女性らしい言葉遣いを身に付けたいものです。

  • 【5】男性に対する要求が高く、尽くされて当たり前と思っている

    「優しくてカッコよくてお金持ちで…って、自分の価値をわかってない」(20代女性)など、恋愛に対する高望みが行き過ぎると、「現実が見えていない女性」と思われるようです。男性への要求ばかりでなく、「自分が彼氏に何を与えられるか」も考えるべきでしょう。

  • 【6】「今はあえて彼氏を作らないの」と虚勢を張って、男性を遠ざけている

    「無駄にプライドが高いから男が寄り付かない」(10代女性)など、傷つくことを恐れて男性とのコミュニケーションを避けていると、恋愛のチャンスを逸してしまうようです。まずは「彼氏候補」と意識せず、男性と自然に関わることで、出会いの幅が広がりそうです。

  • 【7】「でも」「だって」など否定的なセリフばかり言う

    「正直、一緒にいると疲れるタイプ」(20代女性)など、日頃からネガティブな発言が多い女性は、恋愛においてもマイナスのようです。友達のいいところを褒めるなど、周囲の人間が楽しいと思えるポジティブ発言を心がけたいものです。

  • 【8】理想の男性像が荒唐無稽で、現実世界に存在しない

    「アニメに夢中になりすぎて、現実からかけ離れてる」(10代女性)など、二次元の理想を現実世界に持ち込んでいる女性は、リアルな恋愛からは縁遠くなるようです。フィクションはあくまでもフィクションと割り切り、周囲にいる男性に目を向けるべきでしょう。

  • 【9】男性の前で異様にテンションが高く、盛り上げ役に徹しすぎている

    「友達としては良いけど、彼女にはなれなそう」(20代女性)など、男性の前でテンションが高すぎると、女性として意識されるチャンスは減るようです。ときには女性らしい態度で、穏やかに振る舞ってみてはいかがでしょう。

ほかにも、「女友達に対して『彼氏ができない原因はこれだろうな…』と思っていること」があれば教えてください。ご意見をお待ちしてます。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock