仕事相手としか見ていなかった女性を、恋愛対象として意識する瞬間9パターン


気になる男性がいても、相手は仕事のパートナーとしか見てくれないことがあります。恋愛対象として意識してもらうためにはどうすればいいのでしょうか。そこで、『スゴレン』男性読者への調査を元に、「仕事相手としか見ていなかった女性を、恋愛対象として意識する瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】プライベートの話を通して、オンとオフのギャップを目にしたとき

    「仕事中とは違う素顔を垣間見ると、もっと知りたくなってしまう」(30代男性)というように、ギャップを知ることで、その女性に興味がわく男性は多いようです。職場の人には知られていない趣味など、私生活での意外な一面をさりげなくアピールしてみるといいかもしれません。

  • 【2】普段そんな気配を見せない女性に、急に恋愛相談をされたとき

    「この人も恋愛するんだなあ…と感じると、急に気になりだす」(20代男性)など、「恋する乙女」の一面を見ることで、その女性が恋愛対象になることもあるようです。過去の失恋話など、弱さを見せると、さらに可能性が増すかもしれません。

  • 【3】仕事中、真横にスッと立たれて、いい匂いが漂ってきたとき

    「女性らしさを感じてドキッとする」(20代男性)など、近くに行くだけでも、男性に「女」を意識させることができるようです。相手の好きな香りの香水をあらかじめつけておくなどの準備をすれば、より効果が期待できそうです。

  • 【4】一緒にプロジェクトを達成するなど、充実感を分かち合えたとき

    「同じ喜びを感じることで、今までにない連帯感が生まれる」(30代男性)のように、仕事でも苦楽を共にすれば、距離が縮まることはありそうです。同じ仕事をする機会があれば、まずは下心を見せずに真剣に取り組むことが、相手と近づく第一歩になるかもしれません。

  • 【5】自分が凹んでいるときに、優しく励まし見守ってくれたとき

    「優しくしてもらうとつい惚れる」(20代男性)など、優しくされると恋愛感情を抱く男性もいるようです。ただし、誰かれなく優しくすると、八方美人だと思われたり、意中の男性が嫉妬することもあるので、注意したほうがよさそうです。

  • 【6】飲み会の席などで、腹を割った本音の話ができたとき

    「深い話ができると、自分が信用されているんだと感じる」(30代男性)のように、お互いの距離感が縮まるような会話は、恋愛につながるようです。お酒を利用して、思い切って自分の悩みを打ち明ければ、新しい関係につながるかもしれません。

  • 【7】業績には残らないような、自分なりの仕事の工夫を評価してくれたとき

    「密かに自分のことを見てくれていたんだとわかってうれしい」(20代男性)と、自分に注目してくれていることを知ると喜ぶ男性は多いようです。特に、ファッションや小物のセンスなど、仕事に直接関係のないことをほめてあげれば、自分に興味を持っていると相手に意識させる可能性は、高くなりそうです。

  • 【8】業務に関係ないところで、他人への思いやりや気遣いが見えたとき

    「気遣いができるところを見て、こんな女性と結婚したい!と思った」(20代男性)など、人間性のよさを知ると仕事の関係から一歩踏み込んだ感情を抱く男性もいるようです。気配りがゆきとどいた女性は社会的な評価も高くなり損はないので、日ごろから心がけてみてはどうでしょうか。

  • 【9】普段見せない笑顔や、かわいい仕草を見たとき

    「突然見せた弾ける笑顔にやられてしまった…」(30代男性)など、ふとした瞬間に見せる表情が男性をとりこにすることがあるようです。ただ、つねにニコニコしている女性だと効果が薄いようですから、真剣に仕事に取り組む中でたまに見せるほうがいいでしょう。

ほかにも男性の意識が仕事のパートナーから恋愛対象へと変わる瞬間があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock