「ホントに俺のこと好きなのかな?」と彼氏が不安になる瞬間9パターン


正式に付き合うことになっても、最初は彼女の気持ちが本物なのかを不安に感じる男性もいるようです。ひょっとしたらあなたの何気ない一言や行動が、彼を傷つけているかもしれません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんに、「ホントに俺のこと好きなのかな?」とどんなときに感じるのか教えていただきました。

  • 【1】デートが終わって「バイバイ」と言った後、一度も振り返ってくれなかったとき

    「今日のデートに不満だったのかな…」(10代男性)というように、女の子から別れを惜しむ様子が伝わってこないと不安になるようです。女性の姿が見えなくなるまで帰らない男性もいるので、一度くらいは彼氏の方を向いて手を振ってあげるといいでしょう。

  • 【2】彼を置いて、男性込みのグループで遊びに行ったとき

    「彼氏がいるのにほかの男と会う神経が理解できない」(10代男性)というように、たとえ友達でも異性と遊ぶのはゆるせない男性もいます。彼氏が「男女の友情はありえない」という考えの場合は、ケンカの原因になりそうなので、事前に「行ってもいい?」と聞いたほうがいいかもしれません。

  • 【3】「ふーん、そうなんだ」など、メールの内容がそっけなかったとき

    「気持ちが冷めた証拠かも…」(20代男性)というように、あっさりした返信は自分への興味が薄れたのかと心配するようです。どうでもいいメールを頻繁に送ってくる場合は教育的指導として有効かもしれませんが、彼氏の「かまってほしい」という気持ちも理解してあげましょう。

  • 【4】彼の隣で「あの人タイプ!」とほかの男性を褒めたとき

    「僕とは我慢して付き合っているの?」(10代男性)というように、タイプと言った男性が明らかに自分と違ったとき、妥協して付き合っていると誤解されることもあります。彼の前ではたとえアイドルでもほかの男性についてはコメントしないのがエチケットなのかもしれません。

  • 【5】「予定がある」などの理由で、デートの誘いを頻繁に断られているとき

    「僕よりも大切な誰かがいるのかも」(20代男性)というように、会えない期間が長引くと本当に自分のことが好きかどうかを疑ってしまうようです。デートを断るときは「ホントは○○君と会いたいけど…」などと一言フォローしましょう。

  • 【6】ナンパされたことを嬉しそうに報告されたとき

    「ほかの男にもモテたいと思ってるでしょ」(10代男性)というように、いい男が見つかったら別れるつもりだろうと思われるようです。ただし、「○○君がいるからついていくわけないけどね!」などと言葉を添えれば安心してくれるかもしれません。

  • 【7】散々わがままを聞いたのに、自分の要望には一切応えてくれなかったとき

    「いいなりになる男が好きってだけなのかも」(10代男性)というように、「都合がいい男だから付き合っている」と思われることもあるようです。恋人といえども「ギブアンドテイク」は基本。たまには彼氏の要望にも応えてあげましょう。

  • 【8】デート中も夢中になって携帯をいじっているとき

    「俺の話、全然話聞いてねぇだろ!」(20代男性)というように、携帯に夢中になるのは、自分に関心がないからだと思われてしまうようです。携帯をいじるのがクセになっている人は、デート中はカバンに入れておくなどのルールを自分に課したほうがいいかもしれません。

  • 【9】スキンシップをしようとしたら避けられたとき

    「触られたくないって、嫌いってことじゃ…」(20代男性)というように、スキンシップを嫌がられて、彼女の気持ちが離れたと傷つく男性もいます。黙って拒むのではなく「今はそんな気分じゃない」なとど理由を話しましょう。

ほかには、どんなときに「ホントに俺のこと好きなのかな?」と彼を不安にさせてしまうと思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock