本命とのデートに絶対遅れないための下準備9パターン


クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が約2000名の女性に行ったアンケートによると、約3割が「会社や学校を、わざと遅刻したりサボったり早退したことがある」と答えました。仕事や学校はさぼりたい気持ちになるのもわかります。でも、遅刻グセが災いして、本命の男性とのデートでやらかしてしまうのは避けたいところ。そこで今回は、女性の生の声を参考に「本命とのデートに絶対遅れないための下準備」をご紹介いたします。

  • 【1】当日の朝に慌てぬよう、前日の夜には髪型と服装を決めておく

    「出がけに『あれがない! これがない!』ってバタバタするので」(20代女性)というように、時間がかかる髪型と服選びを先に決めておくといいかもしれません。ただし、準備がすんでいるからといって油断すると寝坊の恐れがあるので緊張感を保っておきましょう。

  • 【2】前日の夜は、いつもより早い時間に布団に入る

    「ありえないくらい早く寝れば、嫌でも起きる」(30代女性)というように、夜中に目が覚めてもおかしくないくらいの時間帯に寝れば、寝坊の心配をせずにすみそうです。寝つきが悪い人は、就寝前に散歩やジョギングをしておくとぐっすり眠れるかもしれません。

  • 【3】見るだけで目の覚めるような大好物を朝食として用意しておく

    「大好きなものなら、ケーキでもお菓子でもなんでもいい」(20代女性)というように、寝起きでも食べられるくらいの大好物を朝食に用意しておけば、すぐに目覚められそうです。より美味しく食べるために、夕食を控えめにしておくとなおよいかもしれません。

  • 【4】何種類ものアラームを10分おきに爆音で鳴るようにセットしておく

    「1個じゃダメ! スヌーズも必須!」(10代女性)というように、10分刻みでいろんな音の目覚まし時計が鳴り続ければ、どんなお寝坊さんでも目を覚ますでしょう。寝ぼけて音を消してしまわないように、時計を見えないところに隠しておくのもよさそうです。

  • 【5】集合時間を自分の頭の中で1時間前倒ししておく

    「10時集合なら『9時9時9時…』と唱えるようにしてる」(20代女性)というように、本来より1時間早い時刻を集合時間であると覚えておけば、もし遅れても男性を待たせずに済みます。混乱しないようにメモ帳やスケジュール帳の時間も統一しておきましょう。

  • 【6】デートの前に、あえて買い物などの予定を入れておく

    「あらかじめ予定に組み込んでおけば、いざというときクッションになる」(30代女性)というように、集合時間の前に何か用事を作っておくのもよさそうです。話題のスイーツを食べる、期間限定のアイテムを買うなど、テンションの上がる用事だとよりよいでしょう。

  • 【7】何人かの友達に、モーニングコールやおはようメールのお願いをしておく

    「念のため2、3人はほしいところ」(20代女性)というように、友達数人にモーニングコールをお願いしておくのもいいでしょう。ただし、朝に弱い友達を選ぶと失敗する恐れがあるので人選には注意が必要かもしれません。

  • 【8】遅刻したときの最悪なイメージを何度も頭の中で思い巡らせる

    「昔キレられたときのことを思い出してる」(10代女性)というように、遅刻後の気まずさを思い浮かべれば、てきぱき動けるでしょう。ただし、暗示にかかりやすい人は、男性に悪いイメージを抱く恐れがあるので控えたほうがいいかもしれません。

  • 【9】大好きな男性のことを想い浮かべて、とにかくテンションを上げておく

    「遠足の前の晩みたいに早起きできるよ」(10代女性)というように、男性と過ごす幸せな時間をイメージして寝床につけば素敵な朝をむかえられそうです。うまくイメージできない場合は、男性とのメールのやりとりを読み返してみたりするのもいいかもしれません。

「本命とのデートに絶対遅れないための下準備」にはほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock