デート中、男性が心苦しく感じる「女性の我慢、遠慮」9パターン


気になる男性の前では、つい自分を良く見せようと我慢や遠慮をしてしまうことがあるかもしれません。しかし、男性のほうは「そんなに我慢しなくても…」と、むしろ居心地が悪くなっている場合もあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「デート中、男性が心苦しく感じる『女性の我慢、遠慮』」をご紹介します。

  • 【1】体型を気にしてか、少ししかご飯を食べない

    「残さずおいしそうに食べる子のほうが好印象」(20代男性)など、デートで食事量をセーブする女性に対して興ざめする男性は多いようです。「カロリーが高いからコレは食べたくない」などの発言も、一緒に食事を楽しむ場では男性に気を使わせてしまうので注意しましょう。

  • 【2】はしたない印象を与えないようにと、ひかえめに笑う

    「女性の笑顔が見たいのに…」(20代男性)など、周囲を気にして思いっきり笑わないことを残念に思う男性は多いようです。特に笑いで和ませようと頑張って話しているときに女性が遠慮がちな笑顔だと、男性は手応えを感じられず自信を失ってしまうかもしれません。

  • 【3】何度か会っても丁寧な言葉遣いを崩さない

    「なんだかさみしくなる」(20代男性)など、丁寧で女性らしい言葉遣いが逆に男性に心の距離を感じさせてしまうこともあるようです。丁寧に話しつつも、「そうなんだー」と時々フランクな話し方を織り交ぜていけば、自然に距離を縮めることができそうです。

  • 【4】少しでも酔うことを避けたいのか、飲めるのに全然飲まない

    「やっぱりちょっとしらける」(30代男性)など、飲めるのにお酒につき合ってくれない女性に壁を感じる男性は少なくないようです。普通にお酒が飲めるのであれば、お付き合い程度にでも飲んだほうが喜ばれるかもしれません。男性が銘柄に詳しいようなら、相談しながら注文を決めると会話も盛り上がるでしょう。

  • 【5】恥ずかしがってトイレに行くのを我慢する

    「生理的なものなんだから、普通に行けばいいのに」(20代男性)など、トイレについてなんら気にかけないという男性は多いようです。ムダな我慢を続けた結果、ソワソワして話半分しか聞いていないような態度を取ってしまうのは避けたいところです。

  • 【6】男性が決めたお店やデートプランに対し、全く意見を言わない

    「楽しんでくれているとわかればいいけど…」(10代男性)など、女性の反応の無さに張り合いを感じられない男性もいるようです。意見といってもダメ出しに限らず、「なんかこのお店落ち着くね」と肯定的な評価も積極的に伝えられるといいでしょう。

  • 【7】失敗談や本音を聞いてみても、当たり障りのないことしか言わない

    「正直、心を開いてもらえてないと思っちゃう」(20代男性)など、優等生的な発言に男性が物足りなさを感じることもあるようです。思いきって自分の恥ずかしい部分をさらすことで、二人だけの秘密を共有したような親密さが生まれるのではないでしょうか。

  • 【8】ケータイが鳴ってもいっさい電話に出ない

    「鳴りっぱなしのまま放置されるほうが気になる」(20代男性)など、一緒にいる男性を優先したつもりが、逆に心苦しく感じさせてしまうこともあるようです。電話に邪魔されたくないのなら、ケータイは事前にマナーモードなどに設定しておくべきかもしれません。

  • 【9】「疲れた」「体調悪い」などの不調を訴えずに耐える

    「ただ申し訳ない気持ちになる」(30代男性)など、あとで体調が悪かったことを知ると男性は、体調の悪い女性を連れ回してしまったという罪悪感にさいなまれてしまうようです。どんなに楽しみにしていたデートでも、体調次第では切り上げる勇気が大切だと言えそうです。

ほかにも「デート中、男性が心苦しく感じる『女性の我慢、遠慮』」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock