男性が「メールって苦手だな…」と思ってしまう理由9パターン


好意のある女性からのメールであっても、メールに対する苦手意識からつい素っ気なく対応してしまう男性もいるようです。では、男性はメールのどのような点に引っかかってしまうのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性が『メールって苦手だな…』と思ってしまう理由」をご紹介します。

  • 【1】女の子の反応についていちいち考え込んでしまうので疲れる…

    「文章だけだと、相手の気持ちが見えにくい」(10代男性)など、自分に対して好意的なのか無関心なのか、メールとにらめっこして考え込んでしまう男性は多いようです。相手を褒めたり、プライベートについて尋ねたりと、好意をにじませたメールにすれば、メールが苦手な男性からもスムーズな反応を得られそうです。

  • 【2】女の子に合わせて慣れない絵文字を使ったりするのがしんどい…

    「女の子のメールに合わせてがんばってみるけど、続かない」(20代男性)など、メールをデコることに抵抗を感じる男性はいまだに多いようです。味気ないメールでも文章や返信が丁寧なら、男性なりに好意を表現している可能性があるでしょう。

  • 【3】女の子の返信が少しでも遅いだけで不安がつのってしまう…

    「待ってる時間がつらいんです」(10代男性)など、テンポ良く続いたやりとりが途切れると、「俺、マズいこと言った?」と不安になってしまう男性もいるようです。間が空くときは事前か事後のメールできちんと理由を告げてあげたほうが親切かもしれません。

  • 【4】何を書けばいいのやら、話題に困る…

    「悩んでるとそれだけ返信も遅れるし…」(20代男性)など、気軽にメールしたつもりが、男性に思わぬプレッシャーを与えていることもあるようです。やりとりがぎこちないときは、こちらからの質問を増やすと相手は返信しやすくなるでしょう。

  • 【5】ノリや印象を意識しながら文章を考えるのが面倒臭い…

    「つまんないヤツだと思われたくないので」(10代男性)など、自分なりに工夫したメールを返そうと張り切るものの、息切れしてしまうという男性もいるようです。凝ったメールを送ってくれる男性とは、あまりダラダラとやりとりを続けないほうが思いやりかもしれません。

  • 【6】文章力がないので、言いたいことがうまく伝えられない…

    「ちゃんと伝わってるか不安になる」(20代男性)など、メールでのやりとりにもどかしさを感じている男性もいるようです。長いメールを送ってくる男性は自分の文章に不安を感じているからかもしれません。こちらが用件を絞った答えやすいメールにする必要があるでしょう。

  • 【7】やりとりを終わらせるタイミングが読めない…

    「いつまで続くんだ…とウンザリしてくる」(30代男性)など、女の子からメールが来る度につい身構えてしまい、だんだん疲れてしまうこともあるようです。返信の間隔がだんだん空いてくるようなら、女性側から切り上げてあげたほうがいいのかもしれません。

  • 【8】たいして内容のないメールも何通もやりとりするのがわずらわしい…

    「内容のないやりとりは正直、不毛に感じる」(30代男性)など、ガールズトークのおしゃべりにも通じるようなメールのやりとりになじめない男性もいるようです。話の内容にこだわる男性ほど、テーマが決まると多弁になることもあるので、相談や質問で相手に頼ってみると良さそうです。

  • 【9】趣味など自分の時間に集中できないので、ストレスを感じる…

    「自分の時間を邪魔された気分に…」(20代男性)など、趣味や仕事に没頭しがちな男性は、不意に起こるメールのやりとりをうるさく感じてしまうこともあるようです。「いまメールしても大丈夫?」と最初のメールで聞いたり、返事が必要でないときには「レスはいらないからね」などと添えるといいでしょう。

ほかにも「男性が『メールって苦手だな…』と思ってしまう理由」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock