「どうせ彼氏がいるんだろうなあ」と決めつけられてしまう女性の行動9パターン


初対面だというのに、男性から「あのコは彼氏がいるみたい」と誤解されたら、せっかくの出会いのチャンスを失ってしまうおそれがあります。男性に「彼氏持ち」と決めつけられてしまうのは、いったいどんな行動からなのでしょうか。そこで今回は『スゴレン』男性読者に聞いたアンケートを参考に、「『どうせ彼氏がいるんだろうなあ』と決めつけられてしまう女性の行動」をご紹介します。

  • 【1】薬指に指輪をつけている

    「薬指に指輪をしていると『彼氏のプレゼント?』と思う」(30代男性)というように、何か深い意味のありそうな「指輪」は「彼氏あり」の証拠だと受け取られることが多いようです。薬指に指輪をするなら、「このパワーストーン、旅先で自分で買ったの」などと、さりげなく「恋人から贈られたものではない」とアピールしたほうがいいかもしれません。

  • 【2】片時もスマホを離さない

    「飲み会の最中もこまめにLINE。電話がかかるとすぐ席を外す。いつも誰かの連絡を待ってるってこと?」(20代男性)など、スマホを意識しすぎる様子は、周囲の男性から冷静に観察されているようです。同席者をないがしろにしていると思われかねないので、せめて飲み会や合コンでは電源オフにしてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】ゴルフや車など「男のホビー」について詳しい

    「誰に教わったのだろうと最初から勘ぐっちゃいます」(20代男性)というように、マニアックな話に食いつくことで、男性から疑いの目を向けられるパターンです。いかにも男性が好みそうな話題を口にするときは、「兄から聞いたんだけど」などと前置きすると、誤解を防ぐことができるでしょう。

  • 【4】「付き合うとしたらどんな男がいい?」とタイプを聞かれてもスルーする

    「僕に興味がないっていうより、話そのものを避けてる感じがします」(20代男性)というように、コイバナに淡白な態度を取る女性に、「このコは彼氏ありだ!」と感じる男性もいるようです。「好きになった人がタイプかな?」と相手にもチャンスがあることを匂わせると、場を盛り下げずに済みそうです。

  • 【5】ネット上で絡もうとすると拒絶する

    「『インスタあるある』の話でさんざん盛り上がったのに、なぜかアカウントを教えてくれない…」(10代男性)というように、ネットやバーチャルの世界での関わりを躊躇する女性に、違和感を覚える男性は多いようです。相手をよく見極めてから判断したい場合は、「もう少し仲良くなったらね」と期待を残す断り方をしましょう。

  • 【6】ペアネックレスの片割れなど、明らかに「誰かとおそろいのもの」を持っている

    「ネックレスが、ハートの片割れじゃあ望み薄」(20代男性)など、「おそろい」を連想させるアクセサリーを身に着けていると、さすがに「彼氏あり」だと思われるようです。もしうっかり着けて出かけてしまったら、「元カレには未練ないけど、モノに罪はないしね」などと深い意味はないことを説明したほうがよさそうです。

  • 【7】「男の人って肉じゃがくらいで大喜びしてくれるよね」など、「手料理を作る相手」の存在を匂わせる

    「つまり手料理を作る相手がいるってことでしょ」(30代男性)など、「手料理」というキーワードから「彼氏の存在」を思い浮かべる男性は多いようです。「弟に評判よくって。量が多けりゃ何でも喜んでくれるんだけどね」などと加えると、誤解を防ぐだけでなく、「家族思いの優しいコ」だと思ってもらえるでしょう。

  • 【8】週末の予定が2カ月先まで埋まっている

    「今週も来週も『ゴメン、週末はちょっと…』って絶対に彼氏いるだろ!」(10代男性)というように、あまりにも先の予定が埋まりすぎている女性は「なんで彼氏がいるって言ってくれないの?」と男性を苛立たせてしまいます。本当に「たまたま忙しいだけ」なら、相手に納得してもらえるまで事情を説明したいところです。

  • 【9】LINEを返しても、やりとりが続かない

    「やりとりが続かないのは、彼氏への遠慮かなと思います」(20代男性)というように、LINEやメールでの女性のレスポンスを気にする男性は少なくありません。男性が返信を期待して、「誕生日はいつ?」などと聞いてきたら、「何か期待していいの?」などと質問返しをすると、会話が弾んでいる雰囲気を演出できそうです。

ほかに、どんな行動をとると、初対面の男性に「どうせ彼氏がいるんだろうなあ」と決めつけられてしまうのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(上野典行)
Photo:All images by iStock