「好かれるために必死すぎ!」と男性がドン引きする女性からのアピール9パターン


好きな男性にいい印象を持たれたいと必死でアピールするのは当たり前ですが、やりすぎて裏目に出てしまうこともあるようです。そこで、今回は『スゴレン』男性読者に聞いた「『好かれるために必死すぎ!』と男性がドン引きする女性からのアピール」を紹介します。

  • 【1】「できなーい」「やってー!」など、か弱さを過度にアピールしてくる

    「『自分でやれ!!』と言いたくなる」(20代男性)など、何でもかんでも甘えてくる姿勢にイラつく男性は多いようです。最初からお願いするのではなく、何度かやってみたうえで「お願いっ」などと頼ると、男性はその頑張っている健気な姿を愛おしく感じるでしょう。

  • 【2】いつでもどこでもついてきて、会話にも逐一入ってくる

    「正直、うざい」(20代男性)など、何かと絡んでくる出すぎた行動は、相手に不快感を与えてしまうだけのようです。とくに男同士で会話を楽しんでいるときは、話を振られるまで待つと「空気が読める子だな」と株が上がるかもしれません。

  • 【3】「本当に思ってる?」と疑わしいほど、やたらに褒めてくる

    「逆にバカにされている気がする」(30代男性)など、「男性は褒められたい生き物」と思い込んで突き進んでいるケースです。手当たり次第ではなく、本当に思ったときにちゃんと伝えるなどメリハリをつけることで信憑性が増し、褒められたときの男性の喜びが倍増するでしょう。

  • 【4】男性が好きな音楽についてやたら勉強したことを主張してくる

    「自分に近づきたい感が異常」(20代男性)など、目的が「自分」であることが明確すぎる過度な姿勢に、男性は恐怖すら感じるようです。「○○っていう曲いいよね」など、さりげなく彼のツボを押さえると、同じ感覚を持った子だなと感じ、グッと距離が縮むかもしれません。

  • 【5】犬とか子どもとか見るとここぞとばかりに「かわいいー!」を連発する

    「本気じゃない感じが伺える」(30代男性)など、「子ども好きな優しい女性と思われたいのが見え見え」と男性は腹黒さを疑うようです。「自分が育てるのはまだ不安だけど子どもってかわいいよね」など正直に言うほうが、嘘のない気持ちに好感を持つ男性が多いかもしれません。

  • 【6】聞いてもいないのに過去の恋愛の話をしてくる

    「急に重い」(20代男性)など、自分のことを知ってほしいという前のめりな姿勢が裏目に出てしまうパターンです。自分の恋愛を話すより相手の恋愛話を引き出し、聞き役に回るほうが男性にとって居心地がいい女性に感じてもらえるでしょう。

  • 【7】なにかと「あなたってそうだよね」と自分のことを知ってる風な態度をしてくる

    「俺の何を知っているんだ!!」(20代男性)など、彼女ヅラした物言いにイラッとする男性も多いようです。好きな相手なら「○○くんのこともっと知りたい」とストレートに伝えるほうが男性はその素直さにグッとくるかもしれません。

  • 【8】会話中、ずっとひざの上に手を乗せてくるなどボディタッチが激しい

    「あまりにも不自然!」(30代男性)など、過度なボディタッチは男性の心をくすぐるどころか、違和感を持つようです。ボディタッチがクセだという人は「また触っちゃったー!!」などギャグに変換してしまうほうが男性は扱いに困らないでしょう。

  • 【9】風邪をひいたときに「どうしよぉー」など泣きそうな様子で何回も連絡してくる

    「体調が悪いのにしつこく連絡してこないでほしい」(30代男性)など、何度も連絡することが「自己中で気がきかない女性」だと思われてしまうケースです。相手が弱っているときは「もし必要だったら看病にいくからね」など相手に負担をかけないようにすると、その気遣いに安心感を覚える男性は多いでしょう。

ほかに「『好かれるために必死すぎ!』と男性がドン引きする女性からのアピール」にはどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock