小悪魔的な魅力に男性がドキッとする、上から目線のセリフ9パターン


「小悪魔的な女性が好き」という男性は意外と多いもの。そんな雰囲気を演出する要素のひとつが、上から目線のセリフです。そこで『スゴレン』男性読者への調査を元に、「小悪魔的な魅力に男性が思わずドキッとする、上から目線のセリフ」をご紹介。男性の心を動かしたいときに、トークの「スパイス」として活用してください。

  • 【1】「私のことを好きになってくれたら、私も好きになってあげる!」

    「女友達でも、急に異性として意識してしまう」(20代男性)というように、高飛車ながらも女性の恋心が感じ取れ、男性がドキッとするようです。ただ、それほど親しくない男性に言うと引かれる危険性があるので、恋人に発展させたい友達に使いましょう。

  • 【2】「別にあなたが好きだから、手伝ってあげるんじゃないからね」

    「テレ隠しっぽくて、かわいい」(20代男性)という男性が多いようです。「手伝ってあげたい」という善意が伝わるので、上から目線でも好印象を与えられるでしょう。職場で気になる後輩男性に、先輩風を吹かせながら小悪魔的にアプローチしてみるのもいいかもしれません。

  • 【3】「好みじゃないけど、あなたってイケてるほうだよね」

    「『オレってイケてるんだ!』と素直にうれしい」(20代男性)など、ほめられているという事実に喜ぶ男性が多数存在します。ただし「好みじゃない」と言う言葉を男性が「彼氏にしたくない」という意味に誤解しないよう、「だってイイ男は浮気が心配だから」などと付け加えると、さらに好意が伝わるかもしれません。

  • 【4】「寒い。上着脱いで貸してよ!」

    「嫌いな男には、そんなことを言わないはず」(20代男子)という声からもわかるように、多少ずうずうしくても好意が伝わって、ドキッとする男性も多いようです。好きな人がこちらの気持ちに気づかない鈍感なタイプなら、このような変化球で距離を縮めてみるのもいいかもしれません。

  • 【5】「思ってたより、いい人なんだね」

    「『では最初はどんな印象だったんだろう?』と気になる」(30代男性)というように、ストレートにほめられるより含みのある言い方をされるほうが、その女性を強く意識する男性もいるようです。合コンで気が合った相手などに、さり気なく使ってみてはいかがでしょうか。

  • 【6】「本当なら、もっと頑張れる人なんじゃない?」

    「落ち込んでいるときに言われるとグッときそう」(20代男性)など、「あなたの力はこんなものではない」と認めてくれる言葉に、男性は自信を取り戻すようです。女性を自分のよき理解者と感じ、「いつもそばで支えてほしい」と思うのではないでしょうか。

  • 【7】「悪いけど、家まで送ってくれない?」

    「『もっとオレと一緒にいたいのかな』と思う」(30代男性)と、つい期待してドキマギする男性もいるようです。二人きりのデートのときではなく合コンの帰り際などにそっと耳元でささやくと、「オレは選ばれた男」と男性の自尊心をくすぐることもできて効果的かもしれません。

  • 【8】「あなたぐらいの人じゃないと、私にふさわしくないわ」

    「憧れの女性上司から言われたら、たまりません!」(20代男性)というように、かなりの上から目線でも男性を虜にするキラーワードのようです。ただし、自他ともに認める魅力がないと「ただの痛い人」になってしまうので、知性や美しさを磨いてから使いましょう。

  • 【9】「なんか、好きになりそうな気がしてきた」

    「奥手なボクでも、自信がついて積極的になれそう」(20代男性)など、男性の狩猟本能を刺激するセリフのようです。女性からの好意が、消極的な男性の背中を押すこともあるようなので「正面切って告白するのは恥ずかしい」という女性は、活用してみてください。

ほかにも「あなたがドキッとした上から目線のセリフ」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock