相合い傘しない?男性を胸キュンさせるかわいい一言9パターン


突然の雨は急接近のチャンス。相合傘をするなら、男性を「キュン…」とさせるお願いの仕方をしたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんと一緒に、「雨が降り出したとき、『相合傘』をお願いするときのかわいい一言」を考えてみました。

  • 【1】男性の袖をひっぱりながら「一緒に入ってもいい?」と上目づかいでお願いする

    「少し照れた感じを出せるとなおよし!」(10代女性)というように、男性にかわいらしく甘えれば、喜んで入れてくれるでしょう。普段女の子っぽい仕草が苦手な人がやるとギャップがあってよりいいかもしれません。

  • 【2】「○○君の傘の方が大きいね」とそれとなく相合傘したいことを伝える

    「『傘に入れて』っていうのが恥ずかしいので…」(20代女性)というように、なかなかお願いしづらいときは、二人の傘の大きさを比べてみるといいかもしれません。ただし、勘が鈍い男性には、「そっちに入っていい?」とストレートにお願いする必要がありそうです。

  • 【3】「○○君とくっつけるチャンスだー」と言いながら男性の肩にもたれる

    「勢いとかノリが大切」(20代女性)というように、雨を味方につけて大胆に接近してみるのもいいでしょう。シャイな方は、お酒などを飲んで気分を良くした後に試してみるといいかもしれません。予想外のアプローチに男性は「ドキッ!」としそうです。

  • 【4】すかさず自分の傘を取り出して「一緒に入ろ?」と提案する

    「男性が傘を出す前に!」(20代女性)というように、男性より早く準備しておけば、自然に相合傘ができそうです。雨が降り出してからでは遅いので、雲行きが怪しくなってきたと感じたら、傘を取り出しておいてもいいかもしれません。

  • 【5】「一緒の傘に入りたいひとー?」とおどけて男性の挙手を募る

    「私が相合傘をしたがる乙女キャラじゃないので…」(20代女性)というように、どうしても気恥ずかしい場合は、冗談っぽく誘ってみるのもいいかもしれません。ノリのいい男性なら「ハイ!ハイ!」と喜んで手を挙げてくれるでしょう。傘の中でも楽しくすごせそうです。

  • 【6】「せっかくだから相合傘したいんですけど…」と照れながらアピールする

    「ちょっとかしこまったらドキドキが増すでしょ?」(20代女性)というように、あえてていねいな言葉でお願いすれば、男性がより意識してくれそうです。友達のような仲の良さが二人の間にある場合は、少し下手に出てお願いしてみるといいかもしれません。

  • 【7】「もー! せっかくのデートなのに…」とデートを心待ちにしていたことを伝えつつ男性の傘に入る

    「自分とのデートを楽しみにしたとわかれば喜ぶはず。逆の立場ならそうだから」(20代女性)というように、雨を残念がりつつ傘に入るのもいいかもしれません。ただ短気なだけだと誤解されぬよう、できるだけかわいく怒りましょう。

  • 【8】「一本あれば十分だよね!」と当然のことのように自分の傘をしまう

    「二人とも恥ずかしがっているときにいいかも」(10代女性)というように、すでに二人とも傘をさしている場合は、自分の傘を畳んでしまってもいいでしょう。それでも恥ずかしいときは、相合傘をしているカップルを羨ましそうに見ながら言ってもいいかもしれません。

  • 【9】「入れてー!」とはしゃいだ様子で男性の傘の下にぴょんっと入る

    「気になる男子が傘さしてたから、思いきってやった(笑)」(10代女性)というように、傘をさしている男性を見つけたときは、思いきって傘の下に飛び込んでみてもいいかもしれません。予想外のアプローチを受けた男性は、女の子のことを意識せざるをえなくなるでしょう。

「雨が降り出したとき『相合傘』をお願いするときのかわいい一言」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock