男性が追いかけたくなる「ガードが固い女」の演出方法9パターン


バーゲンでなんとなく買った割安の服を、結局ほとんど着ないまま捨てたことはありませんか? 恋愛においても同様に、簡単に手に入る安売り品はポイ捨てされやすいものです。男性から末永く大切に扱ってもらうためにも、自分が入手困難なプレミア品であることを示したいところです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「男性が追いかけたくなる『ガードが固い女』の演出方法9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】1回目のデートの誘いは、とりあえず断る

    「男性を警戒する姿勢が新鮮!」(20代男性)、「チャラ男の誘いを断る女性は『見る目がある』と思う」(30代男性)など、簡単に誘いに乗らないことで感心されるようです。気になる男性には、突き放さないように「また誘ってください」とフォローを入れましょう。

  • 【2】付き合うまでは敬語を使い続ける

    「すぐに慣れ慣れしい態度をとる女性が苦手だから」(20代男性)など、敬語オンリーで適度な距離を保つことで好感を持たれるパターンです。学校のクラスメイトが相手でも、あだ名で呼ぶのは二学期まで待った方が良いかもしれません。

  • 【3】会話中に恥ずかしそうに目をそらす

    「男慣れしていなそうで萌える!」(10代男性)など、目線ひとつで人間性を測る男性もいるようです。ただし、会話中に一切目を合わせないと「嫌われている」と思われるかもしれません。本当に恥ずかしくても、会話中は何度か目を合わせるように努力しましょう。

  • 【4】基本的に肌の露出が少ない服を着る

    「隠れている方が見たくなる」(20代男性)というコメントに男性の本音が凝縮されているように、露出度が低い守りの服装が好奇心をかきたてることもあるようです。エロいと思われないように、ボディラインを強調するような服装も避けた方が良いでしょう。

  • 【5】お酒は1杯程度しか飲まない

    「男の前で簡単に理性を失わないしっかり者キャラに魅かれる」(30代男性)など、酔って本性をさらけ出さないようにすることで信頼されるパターンです。たとえ酒豪でも、出会ったばかりの男性とお酒を飲むときは1杯程度に留めておきたいところです。

  • 【6】下ネタを言われたら照れるか苦笑いをする

    「好きな女性が下ネタ好きだとガッカリする」(10代男性)というように、下ネタに対する防御力が好感度を左右することも。たとえノリが悪いと思われても、男性の前では下ネタはスルーしましょう。エロさを匂わせないミステリアスな女性に男性は惚れるはずです。

  • 【7】飲み会やデートが盛り上がっても必ず終電で帰る

    「『箱入り娘かよ!』と思うけど、大事に扱いたくなる」(20代男性)など、帰宅時間を気にするマジメっぷりに感心されるパターンです。「完全に脈ナシ!」と男性が諦めてしまわないように、帰宅後に「今日は楽しかったです」などとメールを送ると良いでしょう。

  • 【8】付き合うまでは家まで送らせない

    「あと1歩の距離が縮まらない、もどかしさがたまらない」(20代男性)など、焦らし効果で燃える男性もいるようです。なかには家まで送るという申し出を拒まれる理由がわからず戸惑う男性もいるので、「自宅の場所は恋人にしか教えない」と宣言をしておきたいところです。

  • 【9】恋愛トークになったら話題をそらす

    「なかなか心のトビラを開けてくれないと、余計に相手のことが気になる」(10代男性)など、恋愛トークをやんわりと避けることで興味を引くパターンです。たとえば男性に好きな人の有無を聞かれたときは、「教えない」がガードの固い女の答え方でしょう。

「男性が追いかけたくなる『ガードが固い女』の演出方法」には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock