「お嬢様っぽい!」と男性が思わず食いついてしまう趣味9パターン


清楚なお嬢様タイプを好む男性は、上品なイメージの趣味をたしなむ女性に対し、思わず憧れのまなざしを向けてしまうところがあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『お嬢様っぽい!』と男性が思わず食いついてしまう趣味」をご紹介します。

  • 【1】所作のひとつひとつに格式を感じる華道や茶道

    「お嬢様っぽい身のこなしが養われそう」(20代男性)など、華道や茶道から、大和撫子と呼ぶに似つかわしい立居振舞をイメージしてしまう男性は多いようです。和室でのマナーをおさえているだけでも、男性の目には優雅に映りそうです。

  • 【2】お金持ちじゃないと触れる機会のなさそうなバイオリン

    「ベタですけど、高貴なお嬢様って感じがします」(20代男性)など、バイオリンの音色に、映画やドラマで描かれる上流家庭のお嬢様を思い浮かべる男性は多いようです。漠然と楽器の演奏ができることに憧れる男性に対しては、音楽の基礎知識を持っているだけで一目置かれる可能性も高そうです。

  • 【3】上品で優雅な時間を提供してくれそうな紅茶

    「ティータイムをご一緒してみたい!」(10代男性)など、紅茶に凝っている女性と優雅なひとときを過ごしたいと願う男性もいるようです。茶葉にこだわり、ポットで丁寧に紅茶を注ぐだけでも、慣れない男性にとっては特別な時間になるのかもしれません。

  • 【4】何かと費用のかかりそうなゴルフ

    「ゴルフ場に行くだけでもハードルが高いので」(30代男性)など、「紳士のスポーツ」と呼ばれるゴルフに敷居の高さを感じ、それを趣味にしている女性に羨望のまなざしを向ける男性もいるようです。ゴルフ自体に興味を抱いている男性も多いので、まずは「ゴルフバーに行かない?」などと誘うと、デートの口実にできそうです。

  • 【5】なんとなく「貴族のスポーツ」という印象がある乗馬

    「普通の家庭に育ったら触れる機会がない」(20代男性)など、自分と縁のない世界に憧れる男性にとって、乗馬はひとつのステータスと言えるようです。また、フォーマルな印象のコスチュームも女性を魅力的に見せてくれるのに一役買っているかもしれません。

  • 【6】袴姿が清潔感と凛々しさを漂わせる弓道、なぎなた

    「上品さの中に芯の強さを感じさせるところがいい」(30代男性)など、武道の礼儀と精神性が身についた女性に憧れる男性もいるようです。普段は朗らかなのに、練習になるとキリッとした表情を見せる、といったギャップも重要なのかもしれません。

  • 【7】知識が要求されそうなクラシック音楽鑑賞

    「正装して演奏会に出かけていたりすると、本物っぽい」(10代男性)など、生のクラシック演奏に触れていることも、お嬢様らしさの要因となるようです。音楽の知識を教えてもらいたいだけでなく、鑑賞のマナーを身につけた女性にリードされたがっているのかもしれません。

  • 【8】だしなどにこだわった手間のかかる日本料理

    「聞き慣れない料理や食材を知っている感じ」(20代男性)など、いわゆる家庭料理とは異なる料理をたしなむ女性に憧れる男性もいるようです。家庭料理でも、料理に紅葉を添えたりと盛りつけを美しくするだけで男性に非日常的な感動を与えられそうです。

  • 【9】家柄の良さを感じる日本舞踊

    「日本家屋に住むお嬢様を想像しちゃう」(20代男性)など、日本舞踊の伝統性と優雅な動きに奥ゆかしさを感じる男性もいるようです。着物の着付けなどに通じていることもお嬢様のたしなみとして認識されそうです。

ほかにも「『お嬢様っぽい!』と男性が思わず食いついてしまう趣味」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock