彼氏でもないのに突然アポなしで「会いたい」と連絡をしてくる男性の本音9パターン


「突然の誘い」という男性の一見無礼な行動に「どういうつもりだろう」と疑念を抱きつつも、つい期待をしてしまう女性は多いようです。そこで今回はスゴレン男性読者のアンケートを元に、「彼氏でもないのに突然アポなしで『会いたい』と連絡をしてくる男性の本音」を紹介します。

  • 【1】しばらく会っていない相手にふと会いたくなったとき

    「SNSで名前を見かけて気になったから」(20代男性)など、突然思い出すきっかけに遭遇したときに連絡をしたくなる男性は多いようです。近況を報告し合う中でポジティブな自分をアピールすると、好印象につながり今までより深い交流になる可能性は高いでしょう。

  • 【2】試験など夢中で取り組んでいた事が終わったとき

    「パァっと盛り上がってくれる子は最高!」(20代男性)など男性は達成感を味わいたいとき、同じテンションで共有してくれる女性と一緒に過ごしたいようです。さらに「あなたってすごい」などと褒めてあげると、ずっと一緒にいて欲しいと思われるかもしれません。

  • 【3】仕事や接待の疲れを癒して欲しいとき

    「優しい笑顔で安心させてほしい」(30代男性)など、疲れているときでも気を遣わずに過ごせる女性に癒しを期待するようです。「よく頑張ったね」などねぎらいの言葉をかけて甘えさせてあげると「この子にまた褒められたいから頑張ろう」という気持ちが芽生える男性は多いでしょう。

  • 【4】夜一緒に食事をする相手がいなくて寂しいとき

    「一緒にお酒を飲んでくれる子がいると助かる」(20代男性)など話し相手として必要とするパターンです。気になる相手だったら「穴埋めかよ」と拗ねたりせず、楽しい食事を演出すると、そのハッピーな雰囲気に「いつも一緒にいたい」と虜になる男性は多いかもしれません。

  • 【5】忙しくて相手への連絡を止めてしまっていたとき

    「時間が経って悪いなと思って…」(30代男性)など忙しさが落ち着いたときに、一応のマナーとして連絡するようです。「ずっと音信不通なんてヒドイ」などと責めず、空いた時間を感じさせない気遣いをすると、男性はその懐の広さに好印象を抱くのではないでしょうか。

  • 【6】ご近所などで「いつでも会える」と分かっている相手を誘うとき

    「誘えばすぐ来れる距離感だから誘うほうも楽」(20代男性)など、あまり気負いせずに誘える条件の女性に気軽に連絡をしてしまうようです。誘われるたびにOKしていたら「いつでも来る子」と都合のいい存在になる可能性もあるので、たまには「ムリ」と断ることも必要かもしれません。

  • 【7】話が合う女性にちょっとした意見を聞きたいとき

    「気軽に相談に乗ってくれる子は必要」(30代男性)など、相談相手として求めるケースです。悩みを聞いてほしくても、いざとなるとなかなか弱みを見せられない男性も多いので、「突然どうしたの?」と女性から切り出すと、男性は喜んでくれるでしょう。

  • 【8】友だち感覚の相手と一緒に楽しく飲みたくなったとき

    「気分転換につきあってほしいから」(20代男性)など楽しい時間を思いっきり共有できる相手に連絡したくなるようです。ただ飲み明かすだけではなく、たまには深い話をするなど信頼関係を築けると「自分にとって必要な人だ」と思う男性は多いかもしれません。

  • 【9】仕事などで落ち込んで元気をもらいたいとき

    「とにかく慰めてほしい」(20代男性)など、男性は落ち込んでいるときに、自分に自信をつけてくれる相手に会いたくなるようです。どんなにヒドイ状況でも一緒にネガティブにならず、「あなたなら大丈夫!」と前向きな言葉をかけてあげると「ずっと近くにいて欲しい!!」と思われる可能性があるでしょう。

ほかにも「彼氏でもないのに突然アポなしで『会いたい』と連絡をしてくる男性の本音」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock