モテるのになかなか結婚できない「モテ子」の特徴9パターン


世の中には、男性にモテるのになかなか結婚できない女性が存在します。彼女たち「モテ子」にはどんな問題があるのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「モテるのになかなか結婚できない『モテ子』の特徴」をご紹介します。

  • 【1】軽そうに見え、結婚願望のある男性に敬遠されてしまう

    「コロコロ彼氏がかわるから真面目な男子にはウケない」(20代女性)など、モテるがゆえに軽薄な印象が付きまとい、真剣に結婚を考える男性には敬遠されてしまうようです。「こんな家庭を作りたい」など、結婚願望を前面に押し出しましょう。

  • 【2】常に彼氏はいるけれど、ロクでもない男であることが多い

    「付き合う男を選ばないから結婚できないんだよ」(20代女性)など、恋愛体質ゆえに刺激的な男性ばかりを選んでしまい、結婚に至らないケースです。真剣に結婚を考えるなら、刺激とは逆に「落ち着き」を重視して男性を選んだほうがいいかもしれません。

  • 【3】見た目の女子度は高いものの、あまり家庭的でない

    「女っぽくてかわいいけど、料理とかできそうなイメージはない」(20代女性)など、キレイに着飾ったモテ子は「いい奥さん」のイメージから遠いことが敗因のひとつといえそうです。「家事が得意」などとアピールすれば、食いつく男性も多いのではないでしょうか。

  • 【4】過去の輝かしい経験が邪魔をして、なかなか妥協できない

    「モテてきたから、いまさら普通の男じゃ満足できないんじゃない?」(20代女性)など、どうやらモテ子の理想の高さも結婚できない理由のひとつといえそうです。極端に妥協する必要はありませんが、年齢とともに現実を見てはいかがでしょうか。

  • 【5】モテるために油断して、同じ人と長期間付き合う努力をしない

    「結局はモテにあぐらをかいてるんだよ(苦笑)」(20代女性)など、すぐ次の恋の相手が現れるだろうという油断が、短い恋を重ねさせているのかもしれません。結婚に至るには、多少長い交際期間が必要です。一度腰を据えて一人の男性と交際してみませんか。

  • 【6】華やかな交友関係があるために「僕がいなきゃ!」と思われない

    「いつも輪の中心にいるから『僕がそばにいないと』と思えないんじゃない?」(20代女性)など、モテ子の持つ華やかさゆえに、男性の「オンリーワン」になれないこともあるようです。意識して「あなただけ」と男性に伝えると、印象が変わるかもしれません。

  • 【7】「結婚したい」と言うだけで、実は本人にもその気がない

    「年齢に焦ってるだけで、全然生活変える気ないじゃん」(20代女性)など、辛らつな意見もチラホラ…。少なくともまわりからは「口だけ」と思われているようです。本気なら、家事のスキルを身につけたり、派手に遊ぶのをやめるなどの生活改善が必要かもしれません。

  • 【8】デートは盛り上がるけれど、他の男ともデートしてそうで安心できない

    「モテ子と付き合いたい男子はいても、結婚したい男子はいない」(20代女性)など、常に異性の影があるために一緒にいて安心できる存在になれず、人生の伴侶に選ばれないことがあるようです。好きな人には一途なことをアピールし、男性を安心させましょう。

  • 【9】根っからの恋愛体質で、熱しやすく冷めやすいところがある

    「結婚と恋愛は別物」(20代女性)という意見もあり、そもそもモテ子の恋愛体質が結婚に不向きと考える人もいるようです。まだ恋を楽しんでいる自覚があるなら、一度自分の「理想の結婚」について考えてみましょう。

ほかにも「だからモテ子は結婚できない」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock