男性に「やっぱ女は面倒くさいな」と思わせてしまう一言9パターン


女性といるより、男同士でつるんでいたほうが楽しいという男性もいます。男性がそう感じるきっかけは、女性が何気なく放った一言だったりするようです。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんに、「やっぱ女は面倒くさいな」と感じるきっかけとなった一言を教えていただきました。

  • 【1】「○○ってウザい」などと女友達の陰口を言っているとき

    「普段はあんなに仲良さそうなのに…」(10代男性)と、女性の裏の顔を見て恐れをなすようです。自分では軽いグチのつもりでも、他人からはただの悪口に聞こえることもあるので、あまり男性の前では友達の非難をしないようにしましょう。

  • 【2】「私を一番に考えてくれる人と付き合いたい」など、自分を優先しろと遠回しに言われたとき

    「友達と遊ぶのも気を使わないといけないのか…」(20代男性)というように、自分を最優先するよう強要する女性が苦手な男性もいます。「一番」を強調せず、「私を大切にしてくれる人」程度に留めれば、自然な願いだと思ってもらえそうです。

  • 【3】「どこでもいいよ」と言っていたのに、行った先で文句を言われたとき

    「どこでもよくないじゃん!」(20代男性)というように、行き先を男性に委ねておきながら後から文句を言うのも、典型的な「面倒くさい女」のようです。相手に任せきりにせず、デートプランに自分も意見を出せば、デートに不満を漏らすことも減るでしょう。

  • 【4】「結局男ってさー」などといって、決めつけられたとき

    「男をひとくくりにして語るなよなぁ」(20代男性)というように、男性を見下ろして語る姿に拒否反応を示す人もいます。「結局女ってさー」と自分が言われたときのことを想像すれば、男性も女性もひとくくりにしては語れないことに気づくでしょう。

  • 【5】「好きだけど、付き合うのは無理」など、気持ちをハッキリと伝えてくれないとき

    「じゃあ、俺はどうすれば!?」(10代男性)というように、あいまいな感情表現をされて、「女心は難解過ぎる」と悩む男性もいます。自分が悪者になるのを恐れずイエスかノーをハッキリ伝えたほうが、むしろ親切と言えそうです。

  • 【6】「ちょっと聞いてー」と言って、自分の話しかしないとき

    「聞きっぱなしは疲れる…」(20代男性)というように、一方的に話すばかりで、適当な相槌を打とうものなら「聞いてる?」と突っ込んでくるような女性が苦手という男性もいます。話したいことが山ほどあっても、男性の話にも耳を傾けてあげましょう。

  • 【7】「いつも同じ服だね」と服装についてダメ出しをされたとき

    「気に入ってるんだからいいだろ!?」(10代男性)というように、服装チェックとそのコメントがわずらわしく感じることもあるようです。同じ服を着ていることを指摘するより、いつもと違う服装をしているときにほめるほうが男性が「もっとオシャレしよう」という気になるかもしれません。

  • 【8】「女心がわかってない!」と、突然激怒されたとき

    「本当にわからんわ…女心って」(20代男性)というように、不意に怒りを買い、よけいに女性が理解できなくなった男性もいます。そもそも、「女心」を男性に理解させようとするのは難しいため、ヒステリックになっても男性は頭を抱えるだけです。なぜ怒っているのかを冷静に説明しましょう。

  • 【9】「どうせ私なんて…」など、同情を誘おうとしているのが見え見えなとき

    「ぶっちゃけ、なぐさめるのが面倒」(20代男性)というように、かまってもらうために落ち込んだ様子を見せても、男性にはその魂胆が見えているようです。むしろ、つらいことがあってもそれを表面に出さず強がってしまうような女性に男性は惹かれるのかもしれません。

男性に「やっぱ女は面倒くさいな」と思われてしまう一言には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock