彼氏に対して「二股疑惑」を抱く瞬間9パターン


「二股されていることに気づかなかった」という悲しい経験を避けるために、実際二股をかけられたことがある女性の意見を参考にするといいかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「彼氏に対して『二股疑惑』を抱く瞬間」がどんなときか教えてもらいました。

  • 【1】「次、いつ会える?」と聞いたのに、答えをはぐらかされたとき

    「浮気相手を優先している証拠」(10代女性)というように、彼氏が会える日を明言できないときは、他の女性との予定を優先している恐れがあります。たとえ仕事が忙しくても、時間を作る姿勢が感じられなかったらなにかやましい理由があるからかもしれません。

  • 【2】ヒマさえあれば携帯をいじっていることに気づいたとき

    「それだけケアが必要な相手が自分以外にいるってこと」(20代女性)というように、彼氏が頻繁に連絡するのは、それだけ相手が大切な存在だからと考えることもできます。「誰に連絡しているの?」と彼氏に質問し、トンチンカンな回答をされたら本格的に怪しいかもしれません。

  • 【3】電話がかかってくると必ず離れたところに移動することに気づいたとき

    「緊急の仕事などなら、その場で話せばいいことだし、友達ならあとから折り返せばいい」(20代女性)というように、電話の相手が彼女に話を聞かれたくない相手かもしれません。日ごろ「仕事の電話なら目の前で出ていいよ」と言っておけば、席を離れるときは仕事以外の電話だと特定できるでしょう。

  • 【4】名前をほかの女性と間違えられたとき

    「好きな人の名前は間違えないでしょう…」(20代女性)というように、ほかの女性の名前で呼ばれたときは、二股の可能性がかなり高いかもしれません。呼び間違えたときの彼氏の表情を見て、動揺の色が隠せないようであれば「それ誰?」ととどめを刺しましょう。

  • 【5】彼の趣味ではないものが部屋に置いてあったとき

    「女性のものがあったらほぼアウト」(20代女性)というように、化粧品などの女性が使うものがあったとき、別の女性の存在を疑ったほうがいいでしょう。シャンプーや歯ブラシの位置がいつもと違う、部屋が異様にキレイなどの変化も見逃せません。

  • 【6】過去の恋バナのはずなのに、今も続いているような印象を受けたとき

    「昔話のわりには最近の話題だったり、矛盾を感じたらツッコむべき」(20代女性)というように、過去の恋バナがあまりにも生々しいため、疑惑を抱いたという女性もいます。最新のデートスポットに行った話などが出てきたら事実を問い詰めたほうがいいかもしれません。

  • 【7】男友達の話にも興味がなさそうで、全く束縛されなくなったとき

    「ほかに女がいるか、気持ちが冷めている証拠」(20代女性)というように、彼氏が全く嫉妬心を見せなくなるような気持ちの変化は、ほかの女性に心が移っていることが疑われます。「なんか最近変だよ」などと言えば、異変に気づいていることを伝えられるでしょう。

  • 【8】前は土日にもデートしていたのに平日しか会ってくれなくなったとき

    「土日はほかの子と遊んでいる」(20代女性)というように、ゆっくり過ごせる土日は、本命の女性と一緒にいる可能性があります。週末に会おうと提案しても、何度も連続して断られてしまうようなら、いよいよ二股を疑ったほうがいいかもしれません。

  • 【9】「付き合っていることはまだ内緒ね」と言われたとき

    「秘密にするのには、理由があるんです」(10代女性)というように、交際を公にしたくないのは、誰かにどうしても知られたくないからかもしれません。たとえば、「最近○○と仲いいね」などとカマをかけて、身近なところにあやしい人物がいないかたしかめてみるといいでしょう。

ほかにはどんな瞬間に「彼氏に対して『浮気疑惑』」を抱くでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock