「結局顔かよ」と男子をガッカリさせる行動9パターン


男も女も、大切なのは見た目だけではありません。そう実感していても、ふとしたときの行動で「結局顔じゃないか!!」と反感を買うことがあります。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『結局顔かよ』と男子をガッカリさせる行動」をご紹介します。

  • 【1】見た目は普通だけど優しい彼氏を振って、性格に難アリのイケメンを選んだとき

    「あんないい男を振るなんてバカだと思った(苦笑)」(20代男性)など、一時の気の迷いで、見た目重視の男性選びをしてしまう女性に男性はあきれるようです。顔がよくても性格に問題がある男性と「長い付き合いができるか」「将来を考えられるか」を一度冷静に考える必要がありそうです。

  • 【2】街で男性アイドルを見かけて大騒ぎしてしまったとき

    「とくにファンでもないのに、あんなに浮かれるとは…」(20代男性)など、いくら人気アイドルを見てテンションが上がったからとはいえ、男性の前ではしゃいでしまうと、残念なムードが漂ってしまいそうです。盛り上がる気持ちはグッと抑え、冷静な態度を心がけましょう。

  • 【3】合コンで女子全員が明らかにイケメンとだけ話そうとしたとき

    「俺ら、完全に空気扱い」(20代男性)など、女性の興味がカッコいい男性に集中してしまうと、白けた雰囲気になってしまうようです。イケメンの登場を喜ぶ気持ちはわかりますが、ほかの男性参加者にも同じくらい話しかけるなど差をつけないようにしましょう。

  • 【4】ぶつかった相手がイケメンだとわかった瞬間、笑顔になったとき

    「舌打ちしそうな勢いだっただけに、豹変ぶりにブーイング(笑)」(20代男性)など、本能的にこぼれた笑顔もまわりの男性は見逃しません。ムリして怒る必要はありませんが、どんな人に対してもフラットな対応をしましょう。

  • 【5】技術よりも顔重視で美容師を選んでしまったとき

    「せっかくならイケメンに…という魂胆がバレバレ」(20代男性)など、「どちらかといえばイケメン」という選択も、まわりの男性をガッカリさせるようです。特に技術を重視すべき場合は、顔の好みを封印すべきかもしれません。

  • 【6】好きなタレントの話で、結局イケメンの名前しか出てこなかったとき

    「そんな自覚はないんだろうけど、まさに『結局顔』って状態」(20代男性)など、「よく聞いたらやっぱり顔重視だった」という場合も、男性を落ち込ませるようです。一人くらいは味があるタイプのタレントが挙げられるよう、普段から意識したほうがいいでしょう。

  • 【7】SNSの友達と写真を交換し、見た目がイマイチだとわかった途端交流が減ったとき

    「態度があからさますぎ!」(20代男性)など、明らかに見た目で判断したとバレてしまうケースです。リアルでの交流がないSNSでは特に写真の影響力が強いので、自分の態度に失礼がないか、いつも以上に気を配りましょう。

  • 【8】「内面重視」と公言していたのに元カレが全員イケメンだったとき

    「『別に顔で選んだわけじゃないんだけど…』と言われても説得力ゼロ」(20代男性)というように、「内面重視」と言ったがために、余計にガッカリさせてしまうケースです。周りの男性が期待値を上げてしまうので、自分から「内面重視」宣言をするのはやめましょう。

  • 【9】友達の彼氏と会ったあと、見た目のダメ出しばかりするとき

    「目が細いとか、鼻が低いとかばっかり。性格の話しろよ!」(20代男性)など、つい目につく顔の話ばかりをしていると、男性たちの反感を買ってしまいそうです。友達の彼氏の感想やダメ出しは、女子トークの中だけに収めるようにしましょう。

ほかにも「こんな『イケメン好き』行動で男子がガッカリ」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock