「第一印象最悪!」と思った女性を気づいたら好きになっていた理由9パターン


あまりいい印象を持っていなかった女性に対し、ちょっとしたきっかけでその印象を改める男性もいるようです。では、どんなきっかけで印象の悪かった女性を見直すのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『第一印象最悪!』と思った女性を気づいたら好きになっていた理由」をご紹介します。

  • 【1】高飛車な印象だったけど、実は家庭的で古風だった

    自分本位なイメージのある女性が家庭的に振る舞うと、男性はそのギャップに好感を抱くようです。「手の込んだお弁当を作っていたりすると印象が変わります」(20代男性)など、家事ができるというアピールは特に効果的でしょう。

  • 【2】口が悪い子だと思ったけど、間違っていることをきちんと指摘しているだけだった

    「キツい言葉でも思いやりを感じれば気持ちが揺れ動く」(30代男性)など、強気な女性に「不器用な真面目さ」を感じ、好感を抱く男性もいるようです。自分が正しいと思うことを貫き通せば、きちんと評価してもらえることがあるでしょう。

  • 【3】ガサツで男っぽい印象だったけど、人の世話を焼くやさしいところがあった

    女性の隠れた「女の子らしさ」に気づき、イメージが変わることもあるようです。「酔った友人をやさしく介抱する姿にグッときた」(20代男性)など、損な役回りを引き受ける姿は、印象を変えるいいきっかけになるでしょう。

  • 【4】暗そうなイメージだったけど、好きなことについて話し始めるとイキイキしていた

    「自分だけがその子の別の面を知っているような気分に」(10代男性)など、男性はコミュニケーションが苦手そうな女性のイキイキした姿を特別視してしまうようです。「こんな話、つまらないのでは?」と遠慮せず、自分が興味のあることを男性との会話に盛り込んでみてはいかがでしょう。

  • 【5】派手でギャルっぽかったけど、仕事に対する責任感を持っていた

    派手な女性の真面目な面を見ると、自分の先入観を恥じて相手に真摯な目を向ける男性もいるようです。「バイト先でテキパキ動いてハキハキ声を出す姿に感心した」(10代男性)など、物事に一生懸命取り組む姿勢は印象に残りやすいでしょう。

  • 【6】見た目に気を使ってなさそうだったけど、ちょっとの化粧で見違えた

    「ダイヤの原石を発見した気分!」(30代男性)など、見た目の印象ほど、少しの努力で逆転する可能性があるようです。普段化粧をしていても「スッピン?」と言われがちな人は、マスカラなどをいつもより「盛ってみる」と男性から意外な反応が得られるかもしれません。

  • 【7】どんくさい子だと感じたけど、隠れた才能を秘めていた

    「クラスで目立たなかった子が、実は絵がものすごくうまくて驚いた」(10代男性)など、特技を知ることで、その女性に奥深さを感じる男性もいるようです。まずは自分の個性が活かせそうな行事やイベントに積極的に参加することが大切でしょう。

  • 【8】下ネタにノリノリな下品さに引いたけど、キレイな食事の仕方に育ちの良さを感じた

    「実はお嬢様かも…というギャップにクラッとくる」(20代男性)など、ノリが良くサバサバした女性の隠れた優雅さに惹かれる男性は多いようです。日常のちょっとした礼儀やマナーを意識しておくと、好感を生みやすいでしょう。

  • 【9】SNSでは強気な発言が目立っていたけど、実際に会うと物腰が柔らかかった

    「かわいげのない子だと思っていただけに、会ったときドキッとした」(20代男性)など、SNSの印象よりも、実際の印象が勝ることも多いようです。ネットで本音をぶちまけて自己嫌悪に陥ったとしても、人と会うときは気持ちを切り替えることが大切なのかもしれません。

ほかにも「『第一印象最悪!』と思った女性を気づいたら好きになっていた理由」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock