彼氏の男友達に心を惹かれてしまったとき、次に取る行動9パターン


彼氏との付き合いが深くなると、相手の男友達と知り合う機会も増えるもの。そんな友達のうちの一人が、予想外に異性として気になってしまうハプニングは意外と少なくないようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「『彼氏の男友達』にうっかり心を惹かれてしまった女性の行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「これは気のせい」と念じてグッと気持ちを抑えこむ

    「発覚したら人間関係がグチャグチャになるから」(20代女性)など、自分のなかに芽生えた気持ちを抑えこむという女性は多いようです。どうして彼氏以外の男性に気持ちが傾いたのか? その理由を改めて考えるいい機会かもしれません。

  • 【2】共通の友達を通じて、仲良くなるチャンスを増やす

    「まずは親しくなっておいて損はないでしょ」(10代女性)など、貴重な出会いのチャンスと前向きに捉えて、積極的に会う機会を増やすという女性もいるようです。ただし、やり過ぎれば彼氏から疑いの眼差しで見られるのは避けられないでしょう。

  • 【3】たまに会えることを期待して、ドキドキ感だけを楽しむ

    「自分のなかの『女』を維持するいい刺激になってます(笑)」(20代女性)など、淡い恋心を生活のスパイスと考えて、ドキドキ感だけを楽しむという女性も。具体的な行動に出なければ、彼氏との関係は平穏なままでいられそうです。

  • 【4】彼氏に気づかれないように、ジッと目を見つめてアピールする

    「向こうから来てくれたら考えちゃう」(20代女性)など、相手にだけ通じる密かなアピールをすることで、男性からのアプローチを誘う女性もいるようです。ただし、熱い視線が彼氏にバレたら大きなトラブルになるので、チラッと見るだけで満足した方がよさそうです。

  • 【5】冗談混じりに彼氏に伝えて、ヤキモチを焼かせる

    「長く付き合って油断している彼氏は、たまに不安にさせたほうがいい」(30代女性)など、倦怠期の恋人関係にちょっとした刺激を加えるため、あえて彼氏に伝えるという女性も。あくまで冗談として話さないと、彼氏を焦らすどころか激怒させかねないので注意しましょう。

  • 【6】必要以上に親しくならないように距離を取る

    「顔をあわせたら気になるから、できるだけ会わない」(20代女性)など、相手と会う機会を極力減らすことで、気持ちが傾くのを防止する方法もあるようです。ただし、「あの人と会いたくない」とストレートに伝えると、彼氏は「友人を侮辱された」と思ってしまうかもしれません。

  • 【7】友達の距離をキープしたまま、相手をよく観察する

    「どんな人なのかよく知りたいから、友達として普通に接する」(20代女性)など、自分の気持ちは隠したまま、普通の友達として付き合うという女性も多いようです。あくまでも友達としての距離感なら、トラブルにはならないでしょう。

  • 【8】彼氏には内緒でこっそりメールする

    「とりあえずメールくらいならいいかな…的な?」(20代女性)など、直接会うまではいかなくとも、メールでこっそりやり取りしてみるという女性は少なくないようです。ただし、気持ちが盛り上がりすぎないよう、節度のあるやり取りに留めたいものです。

  • 【9】彼氏とすっぱり別れて、自分から告白する

    「自分の気持ちにウソをつくのは彼氏にも失礼だから、スパッと決断する」(10代女性)など、別の男性が気になった段階で、彼氏と別れるという決断をする女性もいるようです。最悪の場合はどちらの男性も失いますが、誠意のある行動といえそうです。

ほかにも、「『彼氏の男友達』にうっかり心を惹かれてしまった女性の行動」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock