「ひょっとしてモテ期?」と感じる瞬間9パターン


人生に数回あると言われる「モテ期」ですが、「あのときこうしておけば…」とモテ期が終わってから悔やむ女性も少なくないようです。自分でモテ期を判定できれば「今がチャンス!」と積極的に行動できそうですが…。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、どんなときに「ひょっとしてモテ期?」と感じるのか教えていただきました。

  • 【1】1日に2人から告白されたとき

    「自分のことなのに信じられなかった」(20代女性)というように、1日に複数の男性からアプローチをされる「選び放題状態」の経験がある女性もいるようです。ただし、選択肢が多い「モテ期」が長く続くとは限りません。安易に付き合う相手を決めずに、じっくり男性を見定めることが大切でしょう。

  • 【2】「かわいいよね」など男性からの褒め言葉が増えたとき

    「私に脈アリなのかな…という人が増えた」(10代女性)というように、好意がないと使わない褒め言葉が増えたときにモテ期を感じる人もいるようです。ただし、女の子を気軽に褒める男性もいるので、「かわいいね」ぐらいでは浮かれないほうがいいでしょう。

  • 【3】彼氏がいるのに何人もの男性から告白されたとき

    「彼氏ができたとたん、もともと本命だった男にコクられて…」(20代女性)というように、恋人がいるのに告白され続けてモテ期を自覚する女性もいるようです。結果どちらかを傷つけることを頭に入れ、恋人と告白してくる男性の両方としっかり向き合い、自分に合う人を選びましょう。

  • 【4】街で男性とすれ違うたび、熱い視線を感じたとき

    「10代から50代くらいまで、みんな私を見ている」(10代女性)というように、すれ違う男性の視線を浴びて、「今がモテ期…?」と感じる人もいます。ただし、視線を送った男性は、ほかの女性にも熱い視線を送っているのかもしれないので浮かれ過ぎないようにしましょう。

  • 【5】違う学校の学生やお客さんなど、知らない男性から連絡先を渡されることが続いたとき

    「フェロモンかなにかが出ていたのかしら」(30代女性)というように、予想外の相手からの告白が続き、ただ事ではないと感じることもあるようです。運命の人はどこにいるかわからないので「知らない相手だから」と敬遠せず、相手を知る努力をしてみましょう。

  • 【6】1時間くらい話しただけで告白されることが何度かあったとき

    「合コン後に告られた」(10代女性)と、会って数時間で告白されることが続きモテ期を確信する女性もいます。ただし、「合コンにきた女性は飢えている」と考え、手当たり次第に口説く男性もいることを忘れないようにしましょう。

  • 【7】「○○って彼氏いんのかなー」と男性たちが自分の話題で盛り上がっているのを聞いたとき

    「男子グループが私のことを話していて…」(10代女性)というように、複数の男性が自分の話題で盛り上がっているのを偶然聞いたとき、モテ期の到来を感じた女性もいます。それとなく周りに恋人募集中をアピールすると、引く手あまたかもしれません。

  • 【8】街に出ると必ずナンパされていることに気づいたとき

    「女友達といるときはいつも」(10代女性)というように、ナンパされる頻度が大きくなったときに実感する女性もいます。一緒にいるお友達を狙って男性が声をかけていたり、ナンパではなく何かの勧誘である可能性も捨てきれないので注意しましょう。

  • 【9】職場や学校で「この人いいな」と思った人からアプローチされたとき

    「気になる人はみんな告白してくれる」(20代女性)というように、ちょっと色目を使えば、みんなアプローチしてくれるという強者もいます。そこで調子に乗らず、一人ひとりの男性と向き合えば、本当の幸せを見つけられる可能性が高いでしょう。

ほかにはどんなときに「ひょっとしてモテ期?」と感じるでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock