合コンで「彼女にはしたくないな…」と幻滅される酔い方9パターン


酔って気の緩んだ女性は色っぽくも見えますが、酔い方によっては男性から幻滅されてしまうこともあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性から『彼女にはしたくないな…』と幻滅される酔い方」をご紹介します。

  • 【1】ワケもなく突然泣きはじめる

    「泣き上戸って面倒くさいんだよなー(苦笑)」(20代男性)など、ただでさえ女性の涙を苦手とする男性は多いもの。さらに、酔ってワケもなく泣く女性には、どう対処すればいいかわからず、お手上げ状態の男性も多いようです。泣き上戸の女性は「慰めてくれれば泣き止むから」など、対処法を先に伝えてはいかがでしょうか。

  • 【2】歩けなくなるほどベロベロに酔っ払う

    「吐いたりしたらもう最悪。飲める量くらい知っとけよ」(20代男性)など、歩けなくなるほど酩酊する女性に対して男性の視線はかなり冷ややかです。「たまにヨロついて相手にしなだれかかる」程度なら、男性がドキッとしてくれるかもしれません。

  • 【3】酔ってグチっぽくなり、まわりに絡む

    「絡む女子って見ててゲンナリする」(20代男性)など、酔ってまわりに絡んでしまうと、男性からの大幅ポイントダウンは免れないようです。酔わないよう気をつけるのはもちろん、ストレスが溜まっているときは意中の男性と飲みに行かないほうが賢明かもしれません。

  • 【4】人目を気にせず脱いでしまう

    「彼女だったら絶対嫌だなー」(20代男性)など苦笑いする男性もいます。たとえ意中の女子であっても、みんなの前で服を脱がれてしまうと「ラッキー」とは思えないのかもしれません。「脱ぎグセ」のある女性は、あえて脱ぎ着しにくい服を着るなどして自己防衛策を取りましょう。

  • 【5】笑えないほどディープな下ネタを言う

    「酔ってるときの下ネタって結構えげつない…」(20代男性)という意見もあり、どうやら酔うとリアルすぎる下ネタに走ってしまう女性もいるようです。テンションが上がってきたなと感じたら「全部友達の話だから!」などと宣言して、最初からネタにしてしまうのもひとつの手でしょう。

  • 【6】キス魔になったり激しくボディタッチをしたりする

    「実は軽い子なのかなって思っちゃう」(20代男性)など、酔って醜態をさらすと、「それが地なのかも?」と余計な勘繰りをされそうです。毎回必ずやらかしてしまうなら、せめて意中の男性だけにするよう、座る席を工夫しましょう。

  • 【7】大声を出したりして暴れる

    「男じゃないんだから、そういう酔い方しないでよ」(20代男性)など、はしゃぐ程度ならまだしも暴れられると、一気にさめてしまう男性もいるようです。「声が大きくなってきたら注意してね」と言っておくなど、先に手を打つ必要があるかもしれません。

  • 【8】いびきをかいて寝はじめる

    「寝るだけならかわいいけど、いびきはNG」(20代男性)など、酔って寝ることには寛容な男性も、いびきには厳しいようです。「熟睡したら起きないからすぐに起こして」などお願いしておくと、いびきを聞かれずにすむかもしれません。

  • 【9】乱暴な口調で話したり、悪口を言ったりする

    「『正体見たり!!』って感じ。普段おとなしそうな子ほど幻滅」(20代男性)など、ギャップが悪い方向に働くケースです。酔うと、ただでさえ頭が回らなくなり、口調もぞんざいになりがちです。笑えないほどひどいのであれば、女友達に頼みストップをかけてもらったほうがいいでしょう。

ほかにも「こんな酔い方に男子がドン引き」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock