男性が考える「実家暮らし女性」の魅力9パターン


「実家暮らしだと恋愛に不利」なんてウワサもありますが、男性からすると「実家暮らし」ならではの魅力もあるようです。今回は、『スゴレン』男性読者の意見をもとに、「男性が考える『実家暮らし女性』の魅力」を紹介します。

  • 【1】門限があり夜遊びが少ない「品行方正さ」

    「悪い虫がつく心配がなくて安心」(20代男性)と、親と住んでいれば、夜遊びの心配がないと考える男性もいます。意中の男性に誘われたときだけ、「今日はあなたがいるし」とついていけば、家族以上に大切な存在であることを男性に気付いてもらえるかもしれません。

  • 【2】毎月貯金するなど、堅実な「金銭感覚」

    「しっかり貯金してそう」(30代男性)というように、実家暮らしだと家賃などの出費が少ないため、将来のためにコツコツ貯金をする余裕がありそうだと男性は思うようです。「今のうちに結婚資金を貯めてるんだ」と将来を見据えた話をすると、男性は「現実的で頼もしい子だ」と思ってくれるでしょう。

  • 【3】家デートが難しい分、いろんな場所に出かけられる「アクティブさ」

    「いろんな場所でデートできるから会うたびに新鮮」(20代男性)と、家デートがしづらい分、デートのたびにあちこち出かけられて楽しいと考える行動派の男性もいるようです。「次の休みは家にこもろうかなぁ」と、休日を実家で過ごすことを伝えれば、男性がデートに誘いやすいでしょう。

  • 【4】親や兄弟を大切にしている「家族愛」

    「結婚したら俺の家族も大事にしてくれそう」(20代男性)というように、家族とともに暮らしている女性を、男性は「家族思いで優しい人だ」と思うようです。「よく親と出かけるんだ」など、家族仲のよさを話すと、さらに「家族愛」アピールができるでしょう。

  • 【5】母親から手ほどきを受けている「家事の腕」

    「花嫁修業をしてるんじゃないかな」(20代男性)と、実家暮らしの女性に対し、一通りの家事をこなせる腕を期待する男性もいます。せっかくお母さんが近くにいるのですから、甘えずに家事を教えてもらう努力をすることで、恋愛に結びつくかもしれません。

  • 【6】すぐ親に紹介してもらえる「スピード感」

    「早い段階で両親と知り合えそう」(30代男性)というように、実家暮らしだと親に恋人の存在がバレやすく、すぐ親公認の仲になれると思う男性もいます。ただし、あまりに早い親への紹介に尻込みする男性も多いので、彼氏の心の準備ができているかを確認してからのほうがいいでしょう。

  • 【7】服やハンカチなどがしっかり手入れされた「清潔感」

    「服とか、アイロンがかかっていると魅かれる」(10代男性)と、服やハンカチなどがきっちり手入れされた清潔感は、男性に好印象を与えるといえます。自分の時間を持ちやすい実家暮らしだからこそ、細かいケアも手を抜かず、女子力をアップさせましょう。

  • 【8】若干世間知らずで抜けている「天然っぷり」

    「ちょっと天然っぽい雰囲気がいいね」(20代男性)というように、女性の世間知らずな部分がチラッと見えると、男性は心を奪われるようです。例えば、居酒屋に行ったときに「こういうお店初めて」と言うと、男性は「いろいろ教えてあげたいな」と思ってくれるでしょう。

  • 【9】大事に育てられた「お嬢様っぽさ」

    「育ちのよさを感じる」(20代男性)というように、実家暮らしというだけで、「きっとお嬢様なんだ」と感じる男性もいるようです。ハンカチを携帯する、背筋を伸ばすなど、ちょっとしたことでエレガントな印象を与えることができるので、男性の期待を裏切らないよう心がけましょう。

「『実家暮らし女性』の魅力」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock