飲み会で「がさつな女だな…」と男性に引かれてしまう振る舞い9パターン


飲み会は、気になる男性との距離を縮めるチャンスです。ただし、酔いに任せて素の状態をさらけ出しすぎると、悪い印象を持たれてしまう場合もあります。そこで、今回は『スゴレン』男性読者に聞いた「飲み会で『がさつな女だな…』と男性に引かれてしまう振る舞い」を紹介します。

  • 【1】脱いだ上着を無造作に床に置く

    「家でも脱ぎ散らかしてるんだろうな」(20代男性)と、上着やカバンの置き方を見て、男性は女性の部屋の様子を想像するようです。席にハンガーがある場合は自分の分はもちろん、男性にも「コートかける?」と一声かけると、「気が利く子だ」と思ってもらえるでしょう。

  • 【2】手を拭いたおしぼりをたたまずにグシャッと置く

    「おっさんに見える…」(20代男性)と、おしぼりの扱い方一つで、女性を恋愛対象から外す男性もいるようです。たたむのは当然といえますが、さらにおしぼりをひよこの形など変わった形にたためると、「何それ?」と男性が食いついてくれるかもしれません。

  • 【3】座敷席であぐらをかく

    「平気であぐらをかける子って女を捨ててると思う」(30代男性)というように、あぐらをかく女性に、男性は異性としての魅力を感じないようです。あぐらを事前に防止するため、飲み会の日はスカートで行くようにしてはいかがでしょう。

  • 【4】皿からはみ出すなど、料理を雑に取り分ける

    「盛り方がひどいと食欲が失せる」(20代男性)と、乱雑な料理の盛り方を見て、落胆する男性もいます。家でこっそり盛り付け方を練習し、飲み会でキレイに取り分けられると、男性に「料理上手っぽいなぁ」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【5】グラスを倒しても「大丈夫だよ」と片付けない

    「笑って済むことじゃない」(30代男性)と、飲み物をこぼしても笑ってごまかす女性に、呆然としてしまう男性もいるようです。グラスを倒してしまったときは、「濡れてない?」と隣の人にハンカチを差し出すと、清楚な女性らしさを演出できるでしょう。

  • 【6】皿やグラスを、音を立ててテーブルに置く

    「さりげない仕草には、その子の素が出ると思う」(20代男性)というように、ドンと音を立ててグラスを置くといった何気ない振る舞いに、男性は女性の粗雑さを見るようです。持っていないほうの手を添え、静かに置くだけで、上品な印象になるでしょう。

  • 【7】料理をテーブルにこぼしても構わずにガツガツ食べる

    「食べ方が汚いと引く」(40代男性)というように、ボロボロこぼしたり丼ものをかきこんだりと、食べ方が豪快な女性に拒否反応を示す男性もいるようです。ただし、清楚に見える女性が口のまわりにお米を一粒つけているくらいなら、男性も「無邪気でカワイイなぁ」と思ってくれそうです。

  • 【8】店中に聞こえるような大声で騒ぐ

    「大声で騒ぐのははしたない!」(20代男性)と、酔って大声を出す女性を見て、憤りを感じる男性もいます。最初に意中の男性の隣席をゲットすることで、普通の声量で会話できる環境が整います。無理に大声を出さなくても、二人の仲を進展させることができるでしょう。

  • 【9】堂々と大声で「トイレ行ってくる」と言う

    「恥じらいを持ってほしい」(30代男性)と、女性のトイレ宣言を聞き、呆れる男性は多いようです。トイレに行くときはこっそり席を立ち、もし男性に「どこ行くの?」と聞かれたら、「お手洗いに」と照れて答えると、その赤らめた顔に男性はキュンとくるかもしれません。

「飲み会で『がさつな女だな…』と男性に引かれてしまう振る舞い」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock