卒業してもずっと好き!片思い相手への久々のメール9パターン


一緒に過ごしているときならともかく、卒業してからは話題に悩んでメールを送りづらくなりがち。でも文面次第では、ごくごく自然な感じで、男性に好意を伝えられるかもしれません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんの意見を参考にした「卒業後しばらく会っていない男性に、それとなく好意を伝えるメール」をご紹介します。

  • 【1】「相変わらずおバカなことしてるの?」と人なつっこい感じで男性をイジるメール

    「昔を思い出して、なんか元気が出る」(20代男性)というように、学生時代の記憶が蘇り、気持ちが明るくなるという男性もいます。できるだけ昔と同じ調子でメールをすれば、離れていた時間をすぐに埋めることができそうです。

  • 【2】「久しぶり! 元気してるー?」という明るくシンプルなメール

    「俺のこと思い出してくれたのが嬉しい」(20代男性)というように、明るい挨拶メールならこころよく返信してくれるでしょう。挨拶や日常の話題から始めて、少しずつ二人の距離を縮めていけば、のちのち秘めていた想いを伝えやすくなりそうです。

  • 【3】「新しい生活にはもう慣れた?」と男性を気遣うメール

    「心細いときはうれしいよね」(20代男性)というように、新生活に戸惑っているときは、女の子からの気遣いがうれしいようです。男性が弱音をはいたら「応援しているから」と男性の「心の支え」になる準備があることをアピールしてみましょう。

  • 【4】「卒業してからずっと、どうしてるかなって思ってて」という意味深なメール

    「『ずっと俺のこと考えてたってこと!?』と期待する」(20代男性)というように、卒業後も自分のことを考え続けてくれたことに感激するようです。連絡を取っていない期間が長ければ長いほど、想いの大きさが伝わるのかもしれません。

  • 【5】「メルアド変わりました。○○君、ちゃんと登録しといてね」という一斉メールじゃないことがわかるメアド変更メール

    「特別扱いが嬉しい」(20代男性)というように、自分が一斉メールの友達よりも大切な存在だと気づくようです。「登録したよ」というメールが届いたら、「ひさしぶり! 最近どうしてるの?」と話をつなげ、メールを続ける工夫をしましょう。

  • 【6】「まわりにいい男いないんだ」というフリーをアピールするメール

    「『じゃあ俺はどう?』と聞きたくなる」(20代男性)というように、彼氏がいないことを知って意識しはじめる男性もいるようです。理想が高いだけと誤解される恐れもあるので、「学生時代と違って」など一言付け加えるといいでしょう。

  • 【7】「今度、帰省したときみんなで会おうよ」というお誘いメール

    「自分で言い出すなんて珍しい」(20代男性)というように、帰省など自然なタイミングなら会う約束をしやすいでしょう。とくに自分から誘うタイプでない女性が提案すると、男性に「これは何かあるな」と思わせることができそうです。

  • 【8】「今さらだけど、メル友になってくれないかなぁ?」という素直なお願いメール

    「よっぽど嫌いじゃなければOKするでしょ」(10代男性)というように、メル友の依頼を断る男性は少なそうです。晴れてメル友になってからは、まず男性の近況を尋ねて情報を集めた後、興味を持ちそうな内容を選んで送るといいかもしれません。

  • 【9】「そっちは卒業後彼女できた?」と恋人の有無を尋ねるメール

    「僕に興味がなかったら聞かないよね…?」(10代男性)というように、男性は異性として意識されていると感じるようです。ただし、なかには彼女がいないのに見栄を張って「いる」と答える男性もいるので、「私はいないけど」などと先に伝えるといいかもしれません。

「卒業後しばらく会っていない男性に、それとなく好意を伝えるメール」には、ほかにどんなものが考えられると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock