彼氏が「尽くしてくれる彼女だなぁ」と感謝する瞬間9パターン


女性に尽くされて喜ぶ男性は多いもの。尽くされることで、彼女の愛情をより強く感じることができるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼氏が『尽くしてくれる彼女だなぁ』と感謝する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】仕事を休んで看病してくれたとき

    「オレのためにそんなことまで!!って感動する」(20代男性)など、彼女の献身的な姿にホロリときてしまう男性もいるようです。ただし、仕事を休まれるのを重たく感じる男性もいるので、彼氏が体調を崩すたびに休むのはやめたほうがいいでしょう。

  • 【2】苦手な家事をサポートしてくれたとき

    「掃除や洗濯をしてくれると女らしさを感じる」(20代男性)など、家事が苦手な男性にとって、日常のこまごまとした世話をしてもらえることは、非常にポイントが高いようです。ただし、家事が得意で自分のやり方がある男性にはうっとうしいだけなので、見極めが肝心です。

  • 【3】デートで自分の都合を優先してくれたとき

    「忙しくて急に連絡することが多いのに、毎回僕に合わせてくれて感謝!」(20代男性)など、特に多忙な男性にとって、自分と会うために時間の都合をつけてくれる女性は大変ありがたい存在だといえそうです。とはいえ、ムリは続きません。できる範囲で合わせてあげましょう。

  • 【4】心づくしの手料理でもてなされたとき

    「彼女の手料理は理屈抜きで感動する」(20代男性)など、味すら関係なく、彼女の手料理を喜ぶ男性は多いようです。特別な日だけでなく日常的に作ってあげると、彼氏も「毎日こんな料理が食べられる生活がしたい」と結婚を意識するかもしれません。

  • 【5】記念日ごとに贈り物をくれたとき

    「自分のために選んでくれたことが嬉しい」(20代男性)など、彼女からの贈り物で、自分を大切に思う気持ちを感じとる男性もいるようです。贈り物の内容や金額は関係ないので、男性への思いが伝わるようなものを贈りましょう。

  • 【6】遅刻しそうな朝、電話で起こしてくれたとき

    「目覚ましコールは一日頑張ろうって気になる」(20代男性)など、女性に電話で起こしてもらうことで、仕事へのやる気を感じる男性もいるようです。長電話が苦手な男性もいますが、「おはよう。起きた?」程度のやり取りなら、苦にならないはずです。毎日声が聞きたい女性は、朝起こしてあげるという口実で電話するといいかもしれません。

  • 【7】自分の家族のことも気にかけてくれたとき

    「自分と同じように家族を大切にしてくれるって、大事だよね」(20代男性)など、家族への思いやりに重きを置く男性もいるようです。彼氏が家族と電話をするたびに「元気だった?」と聞くだけで、「家族を想っている」という印象を与えることができるのではないでしょうか。

  • 【8】夜寝る前、必ず「おやすみ」メールをくれるとき

    「毎晩欠かさずくれると、愛されてるなって実感する」(20代男性)など、マメなメールで愛情を確認する男性もいるようです。「返信がなかった」などと文句を言うと、面倒くさいと思われてしまうので、自分の中での習慣にしてしまうといいでしょう。

  • 【9】ヘコんでいる自分の話を夜中まで聞いてくれたとき

    「どんな時間でも話を聞いてくれるのは、やっぱり彼女しかいない」(20代男性)など、彼氏の愚痴や相談を聞いてあげることで、安心感を与えられるようです。「そうだね、大変だね」と相づちを打ちながら気長に聞いてあげれば、彼氏もきっと感謝するでしょう。

ほかにも「彼氏はこんな行動で尽くされたと感じる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock