デート中、男性が「もうおごりたくないな」と感じる瞬間9パターン


お金をやりくりしてなんとかデート資金を作っているという男性は少なくありません。それを知らずに、女性が「おごられて当然」という態度をとると、男性に不快な思いをさせてしまうでしょう。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんが、どんなときに「もうおごりたくない」と思うのか教えていただきました。

  • 【1】気持ちのこもっていない「ありがとう」をさらっと言われたとき

    「言い慣れている感じが嫌」(20代男性)というように、感謝が伝わらない「ありがとう」にガッカリした経験を持つ男性はかなりいるようです。お礼を言うときには、できるだけ男性の目を見ながら気持ちを込めて伝えるようにしましょう。

  • 【2】女の子が好きな食べ物を注文したのに大量に残されてしまったとき

    「じゃあ、なんで頼んだのさ?? 」(30代男性)というように、ごちそうしたものを残されて気分を損ねる男性もいます。おごりだからといって食べ物を粗末にすると、もう二度とごちそうしてもらえなくなるかもしれません。

  • 【3】食後、「ごちそうさま」と言ってもらえなかったとき

    「僕はキミのお父さんじゃないんだからさ…」(30代男性)というように、おごられて当然のような顔で感謝の言葉もないと男性にドン引きされてしまうようです。人と食事をするときには必ず「ごちそうさま」というクセをつけておくといいかもしれません。

  • 【4】レジでの会計中、財布も出そうともせず、ささっと店を出たとき

    「おごられて当然と思っているでしょ…」(20代男性)というように、払うそぶりを一切見せないと、「女のしたたかさ」が見えて嫌だという男性もいます。とくに初めてのデートのときは、ワリカンのつもりで臨んだほうがいい印象を与えられそうです。

  • 【5】「ひょっとして、ここはおごり?」と聞かれたとき

    「なにが『ひょっとして』だよ。おごるしかないじゃん」(30代男性)というように、「おごり?」と聞かれたことで、半強制的におごらされている気分になってしまうのかもしれません。「せこい女」と誤解されるので、自分から聞くのは控えたほうがよさそうです。

  • 【6】「うーん、そんなに美味しくなかったね」とお店の批判をされたとき

    「すげー損した気分になる」(20代男性)というように、店や料理についてダメ出しされると、「おごり損」だと感じてしまうようです。たとえ美味しくなかったとしても、おごってくれた男性の前では言わないのがエチケットと言えるでしょう。

  • 【7】おごろうとしているのに、「私、ワリカンしたことないの」と先に言われたとき

    「その一言、いらないよね」(30代男性)というように、おごるつもりでいるときに、女の子から遠まわしにおごりを強制されると善意に水を差された気分になるようです。男性が「おごるよ」と言ってくれるまで、辛抱強く待ったほうがよさそうです。

  • 【8】お会計の金額が、男性の予想よりもはるかに高かったとき

    「生活にひびくことも多々ある(笑)」(20代男性)というように、合計金額があまりにも高かったのに、女の子にそれほど感謝されなかったので後悔するケースもあるようです。高額だったら「ちょっと出す?」と一声かけるだけでも全く印象が違うでしょう。

  • 【9】おごったのに、その後の二人の関係が発展しないとき

    「昔でいう『メッシー君』なのかな俺」(40代男性)というように、いくらおごってもまったく恋仲に発展しないと、「利用される…?」と不安になる男性もいます。付き合う気があるなら最大限の感謝を男性に伝え、そうでないのならワリカンにしたほうがお互いのためかもしれません。

ほかにはどんなとき、男性に「もうおごりたくないな」と思われてしまうのでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock